BALLAD 名もなき恋のうた


『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦』のリメーク版
『 BALLAD 名もなき恋のうた 』を観ました。
アニメは観ていなかったのですが、ある情報で「滅びていく美学」と評されて
いるのが気になって映画館へ足が向きました。
草彅剛さん演じる小国の武将ながら隣国にも”鬼の井尻”とその名を
とどろかせている井尻又兵衛。
その又兵衛を慕う新垣結衣さん演じる廉姫の身分を越えた悲恋を描いています。
その戦国の世に現代の小学生がタイムスリップして巻き起こる物語。
自由自在なアニメ表現に代わって、物語を牽引する時代検証に基づいた“ウソ”のない画。
VFX(視覚効果)の労を惜しまず、城を合成し、背景を入れ替え、兵を合成し、
20億の総製作費をかけ、“本気”の見応えで、戦国の世界を描き切っていました。
そこには違和感も無く、圧倒的なスケール感とリアル感が存在していました。

一番印象に残った台詞は、もう二度と帰らないかもしれない大切な人を見送る時の
「無事に帰ったら・・・自由に生きよう、お前と」という廉姫の言葉。
命を賭けて守りたいもの。
何も無い時代だからこそ純粋で人を想う芯の強さは一途だったことでしょう。
現在は当たり前になっていることが戦国の世では夢物語なのですね。
ただ悲恋を描いているのではなく、自分にとって真剣に守りたい大切なものを
気づかせてくれる映画だったように思います。
心をリセットしてくれました。オリジナルのアニメも観ようと思っています。


★YouTubeが重いときの解決法

原作が全て貸し出し中なので↓消されないうちにみてください
●クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 1-5
●クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 2-5
●クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 3-5
●クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 4-5
●クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦 5-5
by bull_chihoko | 2009-09-13 01:08 | 映画の感想 | Comments(2)
Commented by SAM at 2009-09-15 21:48 x
こんばんは。

お陰様で、全編観させていただきました。
もともと映画のクレヨンしんちゃんは好きだったのですが、
途中から引きずり込まれ、思わず涙してしまいましたよ。。
これは是が非でも「BALLAD 名もなき恋のうた 」も観なければね!
Commented by bull_chihoko at 2009-09-16 02:43
☆SAMさまへ
監督が『ALWAYS 三丁目の夕日』の山崎貴さんなので少し期待していたのですが
期待以上でした。戦国の描写もタイムスリップしてそこに自分がいるかのように
再現されていました。現代と戦国が交差したことでお互いの時代のいい所が
見えてきます。いろいろと気づかされる映画です。ぜひご覧になっていただきたいです。
<< 野球少女 ~ 大館リトルシニア フレーミング >>