その後の第9地区


4/10より日本で公開された『第9地区』、
アパルトヘイトの人種差別問題をエイリアンに置き換えてSF映像に作り上げたこの映画は
1週間経った今、どんどん増殖し進化をしているようです。
クリエイティブな仕事を目指すならこの映画は絶対に観ておくべきと、
二人の息子たちにも薦めました。
 
エイリアンは栄養失調で発見されたり ガムテープを体に張っていたり、
タケコプターっぽいプロペラをつけていたり、立ちションまでしちゃったり・・・。
宇宙人のイメージとして斬新でした。
不気味で奇妙なルックスとは真逆の慈愛の精神性に満ちているキャラクターに
観客が魅了されているのかもしれません。
エイリアンは人類よりはるかに優れた科学力と強力な武器を持ちながらも使わず 
人間の愚かな暴力を甘んじて受ける不思議な生き物として描かれています。
その一人の名前がクリストファー、キリストが語源になっています。
醜い心の人間を愛のある場所へ導いてくれます。
世界的に信者が拡大しているのは間違いないです。
その証拠にファンビデオ数は圧倒的。
今日は映画館までいけない方のためにファンビデオ映像をアップします。

e0162117_1221162.jpg

映画解説者の感想 ミュージックビデオ
by bull_chihoko | 2010-04-17 01:22 | 映画の感想 | Comments(0)
<< 鉄道写真展 庭にて >>