盛岡にて③  光原社
e0162117_10215443.jpg
先日訪れた盛岡へのもう一つの目的は、「光原社」さん。
ここは宮沢賢治の童話集「注文の多い料理店」を初めて世に送り出した出版社で、
社名「光原社」も宮沢賢治によって名付けられました。
e0162117_10252148.jpg
賢治の没後、民芸品をお取り扱いになり、半世紀以上にわたって北東北を中心に
日本各地の漆器や焼き物、手編みの籠など工芸品をお届けしていらっしゃいます。
最近のマイブームの編みカゴ、山ぶどうやアケビなどの逸品が並んでいます。
確かな技術の職人さんの作品は見応えがあり、目の保養になりました。
e0162117_10222574.jpg
「光原社」さんは日本中の工芸店のリーダー的存在のお店です。
失われようとしているこれらの伝統的な技が残っているのは、
作り手と使い人との素敵な出会いを実現させてくださるお店があるからこそですね。

e0162117_10234964.jpg中庭があり、本店といくつかの店舗に分かれて展開されています。
お洋服やアクセサリーもありましたが、素材とデザインすべてに天然物の息づかいを感じるラインナップでした。
国内外を問わず、作り手の愛情がこめられたお品物が並んでいました。

建物の一つのマジュル館にあった古い木製の看板。
こちらは、なんと!かの世界的な版画家の棟方志功氏の手彫りの看板です。
当時無名だった宮沢賢治と棟方志功とのコラボ!
後にお二人とも世界の歴史に刻まれる活躍をされるのですから、この看板に芽吹く前の固いつぼみのような内包された力強さを感じました。
e0162117_10242455.jpg
「光原社」さんの佇まいは細部にわたり芸術性の高さが漂っていました。
狭い入り口を抜けると、石畳の中庭が広がってレンガと漆喰の建物に、雨ニモマケズの一節が書かれていて、その和洋折衷の懐かしい風景はまさしく宮沢賢治の世界観を感じさせてくれる場所になっています。
e0162117_10254886.jpg
中庭には「可否館」という素敵なカフェがあります。
中に入るとコーヒーのとても良い香りに包まれていました。
e0162117_1026315.jpg
普段は紅茶党のわたしでも、その香りの良さに思わずコーヒーをオーダーしたくなるほどの素晴らしい香り。
やはりそれは的中、かなりハイレベルの美味しさ。
感動的な香り高いコーヒーをいただくことができました。

手作りや工芸が好きな人にとって、「光原社」さんは理想郷のようなお店でした。
イーハトーヴ、そのもののような・・・。
by bull_chihoko | 2012-04-05 11:40 | 山ぶどうのかごバッグetc | Comments(6)
Commented by がっちゃん at 2012-04-05 12:37 x
「可否館」という名前がいいなぁ~
調べてみると、ちゃんと昔からあるんですね…。

「Bull」 も「葡留」なんて当て字になるかな? :-)
Commented by 元マネージャー at 2012-04-05 22:26 x
光原社 懐かしいです。!!
昔・・20代の頃盛岡近郊に住んでいた時にたまに行っていました。
私も大好きなお店です。
食器を買った記憶があります。
ステキな品揃いで欲しくなるものばかりでした。

写真の網かごステキです。私も一つ欲しいです♡

確かお店のお向かい辺りにホームスパンのお店もあった記憶が・・・

盛岡には心温まるお店が多いですよね。
今度の帰省の途中に光原社に寄りたくなりました!!!

盛岡といえばぴょんぴょん舎の冷麺も好きです♡
美味しいものも多いし懐の深い城下町で私も大好きな街です。

看板が棟方志功と宮澤賢二のコラボだったなんて知りませんでした。
何だかロマンを感じます。
夫の亡き祖母(京都生まれ)が東北にはロマンがあると良く言っていた話を思い出しました。
Commented by bull_chihoko at 2012-04-06 13:20
☆がっちゃんへ
さすがですよね!「可否館」と書いて「こーひーかん」とは。
可か否か、考えさせられる文学的なネーミングですね。
実は、Bullを開店させた当時、大館市内に「葡留」と書いて「ぶるう」と読むスナックがあって、そちらのお店には間違い電話などで、かなりご迷惑をかけてしまったことがあります。市内のお寿司屋さんで葡留ママさんとお会いして、その事実が判明した時にお詫びをしておきました(汗)。
Commented by bull_chihoko at 2012-04-06 13:21
☆元マネージャーさまへ
そうなんですか、盛岡近郊在住だったことがあるんですね〜!
美しい建物とか美味しいお店とか民芸店とかいろいろありますよね。
はい、ぴょんぴょん舎の冷麺、美味しいですよね!
ホームスパンのお店、寄れば良かったな・・・。
残念、次回行った時にリベンジします(・´ω`・)
山ぶどうの編みカゴは、カゴにしてはかなりのお値段ですが、
できるだけ若いうちに手にされて何十年も使い込んでいただきたいです。
30年くらい経ってからの色艶はとても素晴らしいです☆
先々月、連日連夜お店にいらしてくださった催事関係のお仕事のお客さまが
全国津々浦々出張されて、一番好きな街が盛岡だとおっしゃっていました。
本当に浪漫があって温もりのある街ですね。
もっともっと盛岡のいろんな場所を訪れてみたくなりました〜。
Commented by t at 2014-01-17 22:08 x
行ってみたい憧れの場所です。
 
Commented by bull_chihoko at 2014-01-20 00:28
☆ tさまへ
工芸品を楽しんだ後はほっと落ち着く可否館でコーヒータイム。
とっても心が和むお店です〜☆
<< 僕達急行 A列車で行こう 爆弾低気圧! >>