驚き!十和田湖ミステリー 深まる謎
e0162117_22542419.jpg
世の中には超常現象と言われている不思議な出来事があります。
数えきれないほど行っている十和田湖で、驚きの超常現象が現在進行中です。
3.11大地震後の昨年夏、十和田湖で「謎のキリスト像」が発見されました。
偶然にもその第一発見者の方と先日十和田湖畔にて、お会いすることができました。
ボートでしか行くことのできない十和田湖の秘境にキリスト像があるのだそうです。
地震後の昨年の夏には、かつて無いほど十和田湖の水位が下がり、
水面下に沈んでいたキリストが出現したということなのです。
わたしは無宗教なのですけれども、自分の目でそのキリスト像を確かめようと、
ボートアドベンチャーを借り切り、昨日 神秘の十和田湖に向かいました。
e0162117_22592932.jpg
そこで見た、キリストの姿。
憂いをたたえて、こちらを見つめる視線に思わず声を失いました。
確かに、キリストです。
静寂の中で、しばらくの間、永遠のような時間が過ぎ、
何かを「感じなさい」と言われたような気がしました。

よく見ると、自然の岩のように見えました。
しかしながら、このキリストを守るかのように背後の岩は大きく窪んでいます。
何万年もの時の流れで風化したとしても、この岩がキリストに見える事実。
感じるか、感じないかはそれぞれですが、わたしには何かを伝えたくて
そこにお立ちになっているように見えました。
e0162117_230486.jpg
そして、さらに不思議なことが・・・。
このキリスト像は西を向いておりますが、その視線の先の対岸には
驚くことに人知れずキリスト像の方を向いて建っている小さな礼拝堂があるのです。
キリストと礼拝堂が向き合っている不思議、ただの偶然なのでしょうか。
e0162117_2302539.jpg
iPhoneのGPSで、写真を撮った場所を表示させてみました。
左が礼拝堂、右がキリスト像です。
e0162117_232854.jpg
さらに、十和田湖の東に位置する新郷村(旧戸来村)には、
キリストの墓があるというのです。
戸来(へらい)の名称はヘブライに由来しているのでは、という説もあります。
奇しくも昨日、新郷村では「キリスト祭」が行われ、わたしも参加してきました。
そこでは、超常現象研究家ご一行様ともお会いしました。

「キリストの墓」について詳しくはこちらの動画をご覧になってください。
キリストを解く鍵は日本にあり! 1
キリストを解く鍵は日本にあり! 2
キリストを解く鍵は日本にあり! 3
e0162117_2351157.jpg
キリストの墓の傍らには、イスラエル国エルサレム市と新郷村の友好の証として寄贈された石盤があります。
2004年のキリスト祭でイスラエル駐日大使が出席し、エルサレム・ストーンが国営航空エルアル・イスラエルの特別機で空輸されるという異例とも思われる特別措置がとられたそうです。
e0162117_0565923.jpg
十和田という文字をよくご覧になってみてください。
「十」すなわち、十字架を意味します。
「和」は、プラス(十)、つまり十字架。
「田」は、十が口で囲まれています。

この十和田湖周辺にあるキリストミステリーを、あなたは どうお感じになりますか。
by bull_chihoko | 2012-06-04 00:21 | ダイアリー | Comments(8)
Commented by lichi3815 at 2012-06-04 12:53
こんにちは!りちです。なるほどー。興味深いですね。知ってしまったら見たくなるので、実際にいかれて写真を紹介してくださったちほこさんに感謝です。なっとく。
偶然だと思う方、何かを感じる方、様々だとは思いますが、そこから何かを考えて良い方向に自分に取り入れて行くと自分が人間的にひとつ大きくなれるのかもしれないですね。記事を読んでいて、宗教とはもともとそういうものなのかもしれない、とも思いました。
では!りち
P.S. ヘブライ人が古代日本に来ていた、という説は、祇園祭や相撲のかけ声など様々な理由があげられていますね。フリーメイソンの活動などは世界中におよぶ、とも言われてますからね。ほぼ世界中に信者がいると言われているキリスト教ですから、現在のローマ法王は新聞記者よりも先に世界情勢を把握できるとも言われてますし。うーん、謎が多いからこそ歴史・現代社会は楽しいのでしょう...。
Commented by jam-mama at 2012-06-04 13:25
うわ~ 私感動してしまいました。
あの岩はキリスト様だって絶対に信じてしまいます。 
小学校の社会見学や遠足は十和田湖・・・若い頃は十和田湖までドライブ・・・今は子どもを連れて・・・そんな楽しい湖にしかすぎなかったのに実は 十和田湖ってスゴイとこじゃないの!!って大興奮しています。
今度行くときは 今までとかなり違った目線で見てしまいそうです。
すごい事を教えてくれてありがとうございます(*^_^*)
Commented by ぐりら at 2012-06-04 20:29 x
昨日はありがとうございました。 言い忘れましたが礼拝堂はもともと現在の十和田プリンスホテルの場所にあったそうです。
ホテルを建設する際に移築して現在の場所になりました。

・・・という事で実際は現在より数百m北にあったということなのでキリスト像と緯度はほぼピッタシになるはずです。
Commented by bull_chihoko at 2012-06-05 12:02
☆りちさまへ
こんにちは。わたしの撮影した写真がキリストに見えますでしょうか。
遊覧船からの波をかぶった後で全部濡れていて、陰影が判りにくい状況でも
実際にはもっとリアルに見えました。
このキリスト像があることを、気球のバスケットのご縁から知り、
その不思議な現象を自分の目で確かめたいと思いました。
岩なのか、造形物なのかは定かではありませんが、確かにキリスト様・・・。
ご参考までに、雑誌ムーに掲載されている関連記事の画像です。
http://blogs.yahoo.co.jp/pianoman_gst/8168266.html

それにしても、りちさまはかなりの情報通ですね!
京都の祇園祭は古代イスラエルのシオン祭がルーツだという説や、
山鉾の絵柄がユダヤの文明と同じこと、カタカナとヘブル文字の酷似、
日本の国技である「相撲」は、「シュモウ」というヘブライ語が語源で、
「ハッケヨイ」はヘブライ語で「投げつけよ、やっつけよ」という意味だとか。
https://www.youtube.com/watch?v=U9NqwW6Bka8
日本は島国だから、文化も固有のものだと思い込むのは
真実を見間違う固定観念になってしまうのかもしれませんね。。。
Commented by bull_chihoko at 2012-06-05 12:02
☆jam-mamaさまへ
感動してくださって、嬉しいです。
jam-mamaさまの心に届いて良かったです。
今日の記事で紹介している秘境探検ボートアドベンチャーで行けますので
ぜひ、お子様連れで大興奮をリアル体験されてみてはいかがですか〜!!
子どもさんは特別料金になっていましたょ。
とにかく、十和田湖って神秘がいっぱい。
何度行っても新しい顔をみせてくれるミラクルワールドです。
Commented by bull_chihoko at 2012-06-05 12:02
☆ぐりらさまへ
こちらこそ一昨日は貴重な体験をさせていただきありがとうございました。
なるほど、礼拝堂は元は十和田プリンスホテルの場所にあったのですね。
そうなると、本当にピッタリと緯度が合致し、さらに謎が深まりますね!
本日の記事で、十和田湖ボートアドベンチャーを紹介いたしました。
また行きますので、よろしく!
Commented by whiskycat at 2012-06-05 15:19 x
十和田湖はアイヌ語の「ト(湖)」「ワタラ(崖)」が語源とされる。
Commented by bull_chihoko at 2012-06-06 12:35
☆ whiskycatさまへ
はい、そうですね。先日、十和田湖のことや渡来伝説を調べていて、
「トワダ」はアイヌ語が語源になっていることをわたしも知りました。
そして、この「十和田」の漢字が使われたことが、ミステリアスです・・・。
外国人からは、この漢字に対してとても反応が大きいそうです。
<< 日本一スリリングな 十和田湖ボ... アカシアまつりに向けて  〜 ... >>