夏至の日の出来事
e0162117_20065616.jpg

今日の夕方のお散歩で、驚いたことがありました。
花の時期が終わって今は道端の木々にいろんな実が熟しています。
のどかな農道から3〜4mのところに梅の木が生えていて、
愛犬のんは草むらに落ちていた梅の実を見つけて嬉しそうでした。
「のんちゃん、それ酸っぱくて食べれないよ」とわたしが言ってもしばらく梅の実をくわえたまま嬉しそうに歩きました。
折り返し地点まで行くと、腹ばいになって
どんな味がするんだろうと噛み始めました。
「ゲゲっ!たべれないょ」とばかりに顔をしかめ、吐き出しました。
わたしはそのままのんが吐き捨てるのかと思ったのですが、
また拾ってくわえて歩き出しました。
帰り道、その梅の実が落ちていた梅の木の草むらにさしかかると、のんは何の迷いもなくその草むらに入って行き、口からぽろっと梅の実を落としたのです。
その場所はまさに見つけて拾い上げたジャストポイントだったのです。
「ママ、おちてたとこにもどしたよ〜!」と言ってるかのようなのんの笑顔。
犬なのに、こんなことができるのかと驚きました。
見つけた場所から折り返し地点は10分ほど、往復20分くらいの道のりでした。
いっぱい誉めてあげたら満足そうにしていました。
こんな小さな出来事がとても幸せな気持ちになるから不思議です。

今日は夏至。
一年の折り返し地点です。
この半年で何か見つけたもの、ありますでしょうか。
今日はのんが見つけた梅の実でも幸せな気持ちになりました。
すぐそばにある小さな幸せに気づかれますように…。












by bull_chihoko | 2015-06-22 20:05 | 柴犬のんちゃん | Comments(0)
<< 地震雲 東北ルアーコーシング大会 >>