カテゴリ:鉄道ホビダス[今日の一枚]( 33 )
のんと一緒に鉄道写真
e0162117_17315390.jpg

暑い中、愛犬のんがじっとしたまま撮らせてくれた渾身の一枚です!

ここは断崖絶壁で人間でも足がすくみます。
のん、リゾートしらかみ通過5分前からスタンバイして立ち、予定より5分遅れて通過。
結局、暑い中ジッと10分も動かずにモデルし続けてくれ、そんなのんに心打たれました。感涙!


e0162117_18113098.jpg

写真は本番前のリハーサル風景です!
レベル5のミッションを笑顔でこなす のんでした。


◇ RM「今日の一枚」に掲載していただきました! → こちら


7/30 撮影  五能線 十二湖―陸奥岩崎
「暑い中、愛犬のんがじっとしたまま撮らせてくれた渾身の一枚です!」
by bull_chihoko | 2015-07-31 17:32 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(0)
「あけぼの」とのコラボ2
e0162117_1016684.jpg
ひな祭り。
初節句を迎えたのん雛のとなりに現れたのは、あけぼの内裏様でした...。




◇RM「今日の一枚」に掲載されました。

3/3撮影  奥羽本線 早口ー下川沿
「毎朝〈あけぼの〉と愛犬のコラボにチャレンジ、やっと撮れた記念の一枚です。」
by bull_chihoko | 2014-03-03 10:17 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(4)
雪景色の秋田内陸線
e0162117_1213551.jpg
真冬日の秋田内陸線です。もう阿仁地区は深い雪の中でした。
モノトーンの雪景色に黄色い車両が映えていました。
e0162117_1163885.jpg
しんしんと雪降る極寒の風景に暖かみのある色合い。
秋田の原風景の厳しさと優しさを見たように感じました。



※下の写真がRM今日の一枚に掲載されました。
秋田内陸縦貫鉄道  阿仁マタギー戸沢 
by bull_chihoko | 2012-12-24 01:39 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(4)
土筆の中から
e0162117_10403845.jpg
ここ数日、ぽかぽかと暖かい日が続いています。
大館市内では早咲きの桜のつぼみが開き始めました。

写真は今朝の「あけぼの」。
土筆の中から見送りました。
視線を低くして、春の雑草を見ていると
夜から降った雨の雫や、土筆に虫が止まっていたり
瑞々しい世界が広がっていました。





◇ RM「今日の一枚」に掲載されました。
by bull_chihoko | 2012-04-27 10:56 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(2)
『 TODAY's NICE SHOT 』
e0162117_1022162.jpg
4/21発売の月刊『Rail Magazine』に わたしの写真を採用していただきました。
先月投稿した「聖なる雪原を消え行く」を『 TODAY's NICE SHOT 』のコーナーのトップに掲載してくださっていました。
 
最近は趣味を増やしたので、以前よりも鉄道写真を撮る回数がだいぶ減っています。
でも、この写真は2年前に撮影した冬の「日本海」をイメージして、毎朝天候をチェックしていて、「今日こそ!」と出かけた時に偶然に出逢った劇的な光景でした。
そのイメージしていた写真が「聖なる朝陽に染められた雪原」でしたので、
そのまま「聖なる雪原」の表現を用いました。

この一枚はわたしにとって特別な一枚になりました。
今まで鉄道写真に全然興味のなかった方や、女性の方からも
「あの日本海の写真、とても素晴らしかった」とお声を寄せていただきました。
この写真がきっかけで、遠方から初ご来店くださった方もいらっしゃいました。
多くの方々から嬉しいお言葉を頂戴した一枚、
まさにわたしにとっての「 NICE SHOT」となりました。

数ある列車の中でも「日本海」はわたしにとって一番思い出深い列車です。
その自分にとって大切な「日本海」、しかもホームグラウンドで撮影した写真を
『 TODAY's NICE SHOT 』という形で残せたことを本当に嬉しく思います。
北国の風景の美しさ、情緒を感じていただける鉄道風景を撮れるように
これからも精進していきたいと思っています。

さらに感動的なのは、わたしの尊敬する中井精也先生から評を頂戴できました!
今月先生の写真展にも出かけたり、鉄道写真のバイブルにしています。
中井精也先生からいただいた評を紹介いたします。
「幻のような霧が立ちこめる雪原のなかを今はなき〈日本海〉がゆっくりと走り去っていきます。こんな風景に出会ったら夢みたいだな。と思わせてくれるシーンです。もし自分がここに立っていたら、アップで撮るか、広角で撮るか死ぬほど悩みそう。列車が来た時の捕り手の感動が写真から伝わってきそうな名作です。」


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

これまでに掲載していただいた『 TODAY's NICE SHOT 』
全部、ホームグラウンドの奥羽本線 [ 早口ー下川沿 ]で撮影したものばかりです。
①2010年3月 RM『今日の一枚』 初めての『 TODAY's NICE SHOT 』
②2011年1月 『今日の一枚』 TODAY's NICE SHOT !
by bull_chihoko | 2012-04-24 10:02 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(10)
聖なる雪原を去り行く
e0162117_2581377.jpg
雪の中を走るブルートレイン。
今年は全く撮影に出かけていませんでしたが、いつもイメージを描いていました。
朝陽が雪原を美しく照らすシーンです。
そのイメージを求めて、何度も目覚まし時計で起きては、
窓の外を眺めてあきらめてばかりいました。
そして一昨日、そのシーンに出逢えそうな気がして、遂に出かけました。

そこで見た光景は雪原一面に蒸気が生じて、息をのむ美しさでした。
期待以上の光景。
天と地が創りだす芸術的なシーン。

寝台列車「日本海」は今月半ばのダイヤ改正で姿を消します。
それまでに心に残る鉄道写真を撮りたいと願っていました。
この写真はその願いが叶った一枚です。



◆ RM「今日の一枚」に掲載されました。
by bull_chihoko | 2012-03-03 02:05 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(13)
「箱館ハイカラ號」
e0162117_10543839.jpg
函館初日にふいに街中で出逢った、路面電車の「箱館ハイカラ號(ごう)」。
突然でしたが、カメラを手に持っていたので運良く流し撮りできてしまいました。
この瞬間、わたしは可愛らしさと美しさに一目惚れ。
今回はぶらり&のんびりの行き当たりばったりの旅行だったので、
2日目はこの「箱館ハイカラ號」を愉しむことにしました。
( 函館2日目の「箱館ハイカラ號」記事は→ こちら
e0162117_10541418.jpg
函館市電の復元チンチン電車「箱館ハイカラ號」は、元になった車両の誕生から今年で100年目の夏を迎えました。
この車両は1910(明治43)年製で、12月に千葉県成田市で運行を開始。
それから8年後の1918年、函館に移り18年間営業車両として活躍しました。
翌年からはササラ電車に改造されて除雪車として使われたそうです。
1992年に函館市制施行70周年を記念して復元されることになり、
当時の図面を元に車体を新造。
車両下部のモーターなどの主要機器や台車は、旧来のものを使っているそうです。
復元の際には、太平洋戦争中の男手が不足した当時に車掌や運転士を務めた女性の方々が「函館チンチン電車を走らせよう会」を結成して復元の機運を盛り上げたほか、資金面などでも力を寄せられたそうです。
その方たちのおかげもあって、こうして現役の力走を見られるのですね。
そして2011年8月末、生誕から100年目の夏が終わろうとしていました。
(北海道写真發祥之地前にて)【2枚目の写真がRM今日の一枚に掲載されました】

e0162117_10574342.jpg
最終日にも函館らしいポイントを見つけて待っていましたが、時間をずいぶん過ぎても「箱館ハイカラ號」は姿を現してくれませんでした。
HPで確認したら残念ながら火水曜日はメンテナンスで運休なのだそうです。
1日に4往復ですが、運転席が吹きさらしのため雨天時は運休するということです。
運転士さんは立ったまま運転、切符の発券のために可愛い女性の車掌さんも乗務。
車内は木製でとても温かみがあり、照明やつり革、窓の真鍮の金具、運転席など、
とことん細部まで本物にこだわった小振りながらも贅沢な作りでした。
愛しい電車に出逢えて、函館のとても良い思い出になりました。 
「箱館ハイカラ號」ができるだけ永く函館の街を走り続けることができますように。
by bull_chihoko | 2011-09-01 10:58 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(2)
絶景ガンガラ穴
e0162117_13311467.jpg
日本海の沿岸をギリギリに走る五能線はとても人気があるローカル線です。
その中の絶景ポイントのガンガラ穴です。
明るめの曇り空でしたが、海の色はコバルトブルーで神秘的でした。
素晴らしい絶景、この場所にたどり着いたときは日本海の自然美に感動しました。
そしてリゾートしらかみ クマゲラ4両編成が海蝕洞ガンガラ穴を突き抜けた瞬間。
今まで訪れた鉄道風景の中でもこの景色は格別でした。
素晴らしい景観を堪能した余韻に浸りながら岩の上から降りると
駐車場脇の売店で、同じ場所で撮影されたJR五能線の特大ポスターを発見。
わたしにとっては初めてでしたが、有名な撮影ポイントだったのですね···。

[ この写真が鉄道ホビダス「今日の一枚」に掲載されました ]
五能線 陸奥岩崎―十二湖
「日本海の自然美、海蝕洞ガンガラ穴を突き抜けて。」


下の写真は昨年の今頃、ガンガラ穴を訪れた時のものです。
太陽の光が車体に反射して海が輝きました。
e0162117_1433489.jpg
こうして見比べると、やはり俯瞰(ふかん)したロケーションの方が好きです。
快晴の青空で、ぜひリベンジしたいです。
by bull_chihoko | 2011-08-17 13:32 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(6)
夏の鉄道風景
e0162117_3322122.jpg

青い空、白い雲、濃い緑の大地。

真夏の田園風景の中を重連のタラコ色のキハが走りました。

色鮮やかな風景が 幸せに思える、夏。
by bull_chihoko | 2011-08-04 02:39 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(10)
「あけぼの」と岩木山
e0162117_9423648.jpg
今月は「SL津軽路号」の登場などで、津軽地方に何度も訪れました。
イメージに描いた青空と岩木山を背景にした「SL津軽路号」。
試運転を含め7日間の運行のうち最も晴天に恵まれた6/7には
この場所で描いていたイメージの鉄道風景が撮れたので、
ぜひ今度はここで「あけぼの」を撮影したいと思っていました。
それから2週間ほど経った快晴の朝、絶好のコンディション。
「今日こそ」と、この場所に向かい、「あけぼの」を待ちました。
瑞々しい田んぼと広い青空。期待通りのシチュエーションで撮影できました。 
ほぼ2週間前の「SL津軽路号」の時よりもずいぶん稲の苗が生長していて
青々した田んぼが「あけぼの」を引立ててくれたように思います。

そして、今日のブログにこの写真を載せようと思っていたら
ちょっとしたサプライズがありました。
この写真を撮った現地にわたしの他にお一人撮影していた方がいらして
偶然にもその方のHPにたどり着くことができ、その中で···
「わたしの隣では秋田ナンバーの鉄子さんがカメラを構えております。
田んぼの中でローアングルで構えていましたが、Vな写真は撮れたのかな?」
この記事を見つけて、わたしのことだと思いました(笑)。
驚いたのは、他の日もその方の撮影した日と場所がシンクロしていたことです。
D51が回送された6/1の早口ー下川沿、6/7の岩木山と「SL津軽路号」試運転、
そしてこの日。全部同じ場所で撮影していました。
しかも掲示板では三忠食堂の中華そばまでシンクロ。こんなことってあるのですね。
後で、掲示板にごあいさつしたいと思っています。


【 追記 】
この写真が、RM「今日の一枚」に掲載されました。

6/20撮影  奥羽本線 川部ー北常盤
どこまでもどこまでも青い空。初夏の津軽を駆ける〈あけぼの〉。
by bull_chihoko | 2011-06-26 09:32 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(6)