カテゴリ:リネン( 24 )
リネン大好きのん
e0162117_17541886.jpg
年末年始にお客さまに使っていただいた取っておきのアンティークリネンシーツ
お洗濯をして畳もうとしたら…どこからともなく スッと現れたのん。
犬は飼い主に似るっていいますが、のんもアンティークリネンが大好き。
100%自然素材のオーガニックな風合いがわかるのでしょう。
我が物のような表情で座り込み、シーツの上でストレッチを始めました。

毎晩、のんもちょっと贅沢にアイリッシュリネンに寝ています。
わたしの羽根布団カバーがアイリッシュリネンで、その上に寝ているからです。
ベッドのアンティークリネンのシーツにも時々もぐりこんできます。
癒しの心地よさ、香りは人よりも敏感に感じとっているのかもしれません…。
by bull_chihoko | 2015-01-08 18:16 | リネン | Comments(0)
クリスマス☆プレゼント
e0162117_16564066.jpg
クリスマスまであと2週間・・・・。
大切な方へのプレゼントを、いろいろ考えていらっしゃる頃でしょうか。
先日わたしの元へも とびっきり素敵なクリスマスプレゼントが届きました。
ハンドメイドつながりで仲良くしていただいている りちさまからです。
先月末、りちさまの作品を購入しましたら、そのお品物と一緒に
とっても手の込んだクロスステッチが施されたリネンをいただきました。
さすが、刺繍ステッチ技能認定インストラクターのりちさまのステッチは
うっとりするくらい精密でひたむきで、素晴らしくて感激しました!
わたしのためにステッチしてくださったのを思うと、本当に有り難いです。
「Noel」のタグも手刺繍です。お優しくて丁寧なお人柄を感じますね。
e0162117_16565877.jpg
「ハンドメイドにお役立てくださったら嬉しいです。」とありました。
でも、あまりにも愛情がぎゅっと詰まってるので、このまま眺めていたいです。
自分の刺繍作品を入れようと用意していたフレームがあったので、
しばらくは、このお気に入りのフレーム入れて、飾っておくことにしました。
類は類を呼ぶと申しますが、ネットでつながりを持てる時代、
趣味が一緒の素敵なお友達に恵まれています。
幸せな気持ちで、心温かくクリスマスを迎えることができそうです。
by bull_chihoko | 2012-12-11 17:46 | リネン | Comments(4)
東欧 ウクライナ刺繍
e0162117_14304561.jpg
リネンにモーヴピンクの薔薇がたくさんクロスステッチされたウクライナ刺繍です。
わたしのお気に入りのリネンクロスで、レースの部分にも薔薇が描かれています。
近年、ウクライナからのアンティークストールとして出回っていますが
本来はストールではなくて、もっと神聖な「祈りの布」として扱われていた物です。
祭壇のイコンを飾る布で、手間ひまを惜しまず刺繍やレース編みが施されています。

e0162117_1431433.jpgウクライナではrushniky(ルシュニキ)と呼ばれているようです。
長い年月を経た、くったりした手織りのホームスパンリネン特有のしなやかさの中に、おだやかさや温かみを感じる風合いです。
さらさらとした心地よいしなやかな肌触り。
100年ほど経とうとしている今日でも耐久性をもつリネンの素晴らしさ。
世界に一枚の年代物の手作りアイテム。
今はうっとりと眺めているだけのクロスですが、いずれ何かに活用したいと思っています。

by bull_chihoko | 2012-03-22 10:55 | リネン | Comments(4)
イニシャル「C」のピンクバッグ
e0162117_1414558.jpg
わたしのブログにコメントをくださる りちさまのオンラインショップでセミオーダーでお作りいただいた、イニシャル「C」のピンクバッグです。大きなステッチでも、ホワイトの刺繍糸なので、とても優しく上品な雰囲気なのが気に入っています。

e0162117_1052188.jpgお届けいただいた時はシンプルなピンクバッグでしたが、わたしなりにアレンジを加えてバッグ上部にアンティークの手刺繍レースを飾ってみました。
そして、ペタンコバッグのアクセントになるように可愛らしい同色のタッセルも付けてみました。
e0162117_1052398.jpg裏側をどうしようかと思いましたが、前にホットカーケットカバーに縫付けたわたしのステッチを外して、外ポケットにして付けてみました。

本当に偶然なのですが、わたしがまだクロスステッチを始める前に購入していたリネン100%のこのリネン布地と、お届けいただいたピンクバッグのリネン布地は全くの同一品なのでした。
ちょっと、嬉しくてドッキングさせちゃいました。
やっぱり、好きな物が似ていると、こんなことがあるものなんですね〜。
e0162117_141435100.jpg
ピンクのタッセルは最初からこのピンクバッグ用にと、手芸部でご一緒のmoniqueさまのショップから購入いたしました。春らしくラブリーです。
こちらのタッセルも作家さんが丁寧に作っているハンドメイド品で、ピンクバッグをオーダーしているタイミングで見つけたので、思わず衝動買いです。
そして、アンティークの手刺繍も細かいカットワークやサテンステッチの連続で大変手間がかかっているレースです。
いろんな方のハンドメイドを結びつけた、そういう意味ではとても贅沢なピンクバッグになりました。
もうすぐ訪れる春、待ち遠しいです。

by bull_chihoko | 2012-02-26 10:54 | リネン | Comments(9)
上質リネンのバスタオル「C」&「F」
e0162117_1035895.jpg
リネン好きのわたしのハートを虜にしてしまった上質リネンのバスタオル。
フランスのアンティークを参考に、ベーシックな細めの2本ラインのデザイン、
イタリア製の糸を使い、国内で織られているリネン屋さんのリネンクロスです。
ほどよい厚みがあって、クオリティの高い仕上がり感、もうたまりません・・・。
わたしのイニシャルの「C」と「F」を、それぞれクロスステッチで
しかも最も好きな図案のSajou no. 601で仕上げていただきました。
e0162117_10353023.jpg
こちらはリネンつながりでおなじみのりちさまのオンラインショップのセミオーダー品、選べるイニシャル Sajou 赤ラインリネンクロスです。
わがまま言って、クロスを延長してバスタオルに仕立てていただきました。
最初イニシャル「F」をお願いしたら、とても好みに仕上がって届きましたので
再度イニシャル「C」もお作りいただき、嬉しいことに2つ揃いました。
イニシャルをオーダーできて、素晴らしい出来ばえで手元に届く幸せ感。
こんな素敵なバスタオルは、どこにも無いと思います。
使い込んでいくうちに柔らかく吸水性もますます良くなっていくことでしょう。
一緒に歳月を重ねるのが楽しみなリネンバスタオルです。

e0162117_11132840.jpgりちさまからこんなに可愛いラッピングで届きました。
明日、りちさまのショップでは新商品のラインナップが紹介される予定です。
どんなお品物が並ぶか楽しみですね。
◆ オンラインショップ 「xxxりちとリネンとクロスステッチxxx」は → こちら
by bull_chihoko | 2012-02-16 10:37 | リネン | Comments(4)
グレインサックのトートバッグ 〜 モノグラム刺繍
昨日に引き続き、クロスステッチ刺繍が施されたリネンバッグを紹介します。
e0162117_11503265.jpg
フランスのアンティークのモノグラム刺繍は白いリネン地に赤と青の色の組み合わせがよく使われていますが、これは国旗のトリコロールカラーに由来しています。
ちなみに青色は自由、白は平等、赤は博愛という意味が色に込められています。
e0162117_1143248.jpg
こちらのハンドメイドバッグは、ホームスパンリネン(フラックスという草の茎の大変丈夫な繊維を紡いだ家庭での手織りの麻布)を使用して作られています。
元々は100年ほど前にヨーロッパで、収穫した穀物類を入れて市場へ出荷されていたグレインサックという麻袋に使われていた丈夫なリネン地です。

e0162117_11434291.jpg当時、グレインサックの織り方やストライプの色、柄、刺繍などから、どこの家庭で作られたのか分かるようになっていたそうです。
丹誠込めて育てた大事な穀物を入れるため、丈夫で家々の誇りが込められた収納袋だったにちがいありません。

リメイクされたハンドメイドのトートバッグは、ざっくりした風合いのグレインサックにモノグラム「G・S」が表と裏の両面に別々のアンティーク図案の花文字でステッチされています。
素材と色とバランスがとてもマッチしていて、お気に入りのバッグです。
e0162117_1144557.jpg
持ち手は本革、中はハーフリネンの生地、ワンポイントのアンティークレース・Dカンやテープ、アンティークスタンプなど細部にわたってハンドメイド好きをうならせてくれるバッグです。
e0162117_11452930.jpg
マチもとても広いので、たくさん物が入ります。
一眼レフカメラもすっぽり入るので、どこにでも便利に持ち歩き、汚しては何度かお洗濯をしていますが、このとおり形崩れせず頼もしいです。
100年の時を経てもなお魅力的なグレインサックリネンなのです。
by bull_chihoko | 2011-09-20 11:50 | リネン | Comments(0)
クロスステッチ イニシャル「C」&「F」
今日はクロスステッチ刺繍の施された大好きなリネンたちを紹介します。
今回はわたしのイニシャルの「C」&「F」。
コレクションしているリネンの中でも、特にお気に入りのハンドメイド品です。
オーダーでお願いしたり、ネットで見つけたり、出逢いはそれぞれですが、
縁あって手元に来てくれたリネンたちは、わたしをハッピーにしてくれています。
e0162117_15485944.jpg
大変凝った「C」の刺繍の大きめ巾着。内側までびっしり大好きな薔薇の刺繍。
あまりにも綺麗なステッチなので、折り返して撮影しています。
本当に気が遠くなるくらい細かな手仕事が施され、眺めていてもため息が・・・。
これだけ見事な刺繍なのに、巾着というさりげなさが気に入っています。
( こちらの作品づくりのエピソードブログは → こちらこちら
もう一つはアンティークリネンに「C」をステッチした小型のコロンとしたバッグ。
長財布と携帯電話とハンカチなどが入る程度の大きさなので
バッグインバッグにちょうどいいです。
e0162117_15493516.jpg
リネンの中でも最も上質なアイリッシュリネンの生地のキッチンクロス。
いつもこのブログにコメントをくださる りちさまがお作りくださったクロスです。
大変目がつまっている薄手のサラリとしたリネンで清潔感があります。
驚くほどの速乾性、白でも汚れがつきにくく、もし汚れたとしても
洗っていくうちにどんどん白くなっていくのがリネンの嬉しい特徴です。
ラインの色に合わせてそれぞれ可愛い「C」の花文字。

※ 以前、オーダーでお作りいただいた美しいリネンクロスは → こちら
e0162117_17365939.jpg
毎日使うキッチンリネン。綿素材とは比べ物にならないほどの吸水性があります。
スッキリと水分を拭き取ってくれるリネンは気持ち良いです。
我家ではキッチンクロスもわたし用と家族用に分けています。
こちらは色指定もオーダーして作っていただいた花文字の「C」&「F」。
リネン特有のナチュラルカラーに黒と茶の刺繍がとってもシックな大人の雰囲気。
このクロスは布地の端も手縫いで仕上げられていてハンドメイド感たっぷりです。
自分好みのオリジナルなキッチンクロスがそばにあるとお料理も楽しくなります。
e0162117_0114122.jpg
オーダーでお作りいただいた「F」の花文字のバスタオル。
こちらはわたしのクロスステッチの先生のmoniqueさまがお作りくださいました。
ホワイトのリネンにはお気に入りのモーヴピンクカラーでお願いしました。
数ヶ月使って新品のころよりもグッと風合いも素敵になりました。
リネンは使うほどの馴染んで柔らかくなり、ますます使い心地が良くなるのが魅力。
同じ図案の「C」をいつか自分でステッチするのがわたしの目標です・・・。

※ moniqueさまのブログでこのバスタオルをご紹介されています。
「イニシャル刺繍 *F*リネンのバスタオル」の記事は → こちら
by bull_chihoko | 2011-09-19 15:26 | リネン | Comments(6)
「CF」のナイトドレス
昨夜は最低気温も20℃を越え、湿度も高めで寝苦しい夜になりました。
今年は節電を意識しているのでエアコンは極力使わないようにしています。
そこで、こんな夜には、とっておきのナイトドレスを着て寝ようと思いました。
購入してからまだ一度も着ていないアンティークリネンのナイトドレスです。
e0162117_1323987.jpg
数枚持っているアンティークリネンドレスの中でもこのナイティーは特別です。
襟ぐりと袖口に丁寧な手刺繍が施されていて大変手間がかかっているうえ、
胸元に施されているモノグラム刺繍が、わたしのイニシャルの「CF」なのです。
布地もホームスパンといって手織りの上質な麻素材を使っています。
本当は日本の大正時代の頃にフランスに暮らす「CF」さんのために作られたもの。
およそ100年ちかく前に丹誠込めて作られたものが、まるっきり未使用の状態で
遥か彼方の海を越えて、わたしの手元に来てくれたのです。
しかも同時に2枚手に入れることができました。
e0162117_133890.jpg
ちなみに、イニシャル「CF」は日本ではあまり多くないと思います。
なぜなら「C」は「ち」、「F」は「ふ」から始まる名前に限られていますから。
e0162117_1333230.jpg
このとっておきにしていたナイティーに昨夜初めて袖を通しました。
でも、腕を下げた時に肩にもう少しゆとりがあった方が着心地が楽だと感じました。
Tの形に作られているからです。
ところが、実際に横になって寝てみたら驚くほど体が楽なのです。
なるほど、ナイトドレスは寝ることを前提に製図されているのだと納得しました。
リネンはひんやりと感じられ、体の体温や湿度を適温に調整してくれる素材です。
アンティーク物は手に入りにくいですが、ぜひオススメの納涼アイテムです。
 
by bull_chihoko | 2011-07-03 13:04 | リネン | Comments(0)
最高峰のリネンシーツ
e0162117_1123091.jpg
アンティークリネンシーツに魅せられて、コレクションし始めてから10年ほど経ちます。手織りや手刺繍など、人の手仕事の温もりの感じられるシーツに出会うたび、過去に何度も感動を味わってきました。
その中でも今日紹介するシーツはアンティークほど古い物ではありませんが、信じられないほど手の込んだ世界最高峰のリネンシーツです。

e0162117_1124538.jpgイタリアのオペラ歌手が特別に作らせた特注オーダーのシーツだそうです。数年前、縁あって未使用のままわたしの手元に届きました。とてもハリがあってキメの細かい極上リネンにスワトウ刺繍のような繊細で美しい刺繍が一辺にぐるりと施されています。これだけの技術の刺繍職人さんは大変希少だと思います。
e0162117_11224519.jpgこのシーツを手にした時は本当に感動しました。あまりに素晴らしくて、もったいなくてまだ使えないままです。
わたしのお宝&観賞用になっています。ずっとしまっておいていたら、シーツ本来のお役目を果たせないので、今年こそ春になったらこのシーツに包まれて眠ってみようと思っています。
by bull_chihoko | 2011-01-20 11:04 | リネン | Comments(2)
至極のひととき  〜佳松園
昨日·今日は仕事納めの方も多かったと思います。一年間お疲れさまでした。
普段の疲れを癒すには温泉が一番ですね。
今日はわたしの一番お気に入りの温泉とバスリネンの紹介です。

e0162117_1346338.jpg過去に色んな温泉に行きましたが、一番好みのお湯質は岩手県花巻温泉の佳松園です。
自然に抱かれた立地条件も眺めもお風呂の作りも、そして肝心な泉質も超一流です。
柔らかでツルツルした肌ざわりに「これは肌美人になれる!」って直感しました。
それから度々ここを利用しています。
ただ、ここの佳松園は温泉のみの利用ができません。 
日帰りコースはお部屋でいただくお食事付きのプランになっています。
わたしのオススメは会席膳の「花」のプラン(要予約)です。
ちょっと贅沢にご自分へのご褒美の意味もこめて、ご夫婦で、お友達と、
また親孝行にとてもいいと思います。きっと、ご満足されるにちがいありません。
温泉は混み合うことも無く、ゆったりと極上の癒しを満喫できます。
周辺の自然散策もできますし、お値段以上の価値は絶対にあると思います。
わたしは帰りがけに売店から佳松園の温泉のもとを買って帰ります。
自宅でもすべすべお肌で佳松園気分が味わえます。
不思議なのですが、この温泉のもとはお湯の設定温度を2℃位高くした方が丁度いいです。入浴後はポカポカで、湯冷めしません。
e0162117_13461016.jpg
写真のタオルリネンは5年以上愛用しているフェイスタオルとバスタオルです。
こちらはファーガソン社製で英国王室御用達。
希少なアイリッシュリネンで作られていて、とても高品質です。
使い込むほどに風合いが良くなってきて、もう手放せません。
タオルリネンはかさばらないので、旅行やお出かけに手軽に持って行けます。
ネットで調べたらこのダマスク織りのフェイスタオルが商品リストに無かったです。
使い心地がいいので、予備にもう一枚購入しておけばよかった···と、ちょっと後悔。
最初は亜麻色でしたが、今では優しいエクリュー色になってきました。
上質なリネンは10年以上愛用できるので、むしろ経済的だと思います。
リネンの魅力は何年も使い込んだ人にしかわからないものなんです。

ファーガソン社製のこのバスタオルは→こちらで見れます。


わたしの仕事納めは明日です。Bullは年内明日30日まで営業しております。
来年の年明けは3日(月)より平常営業いたします。
by bull_chihoko | 2010-12-29 13:46 | リネン | Comments(0)