カテゴリ:映画の感想( 55 )
岩手県に原発を作らせなかった女性
e0162117_1982218.jpgドキュメンタリー映画「1000年後の未来へ~3.11保健師たちの証言~」を本日鑑賞させていただきました。
東日本大震災の被災地で活動した保健師の方々へのインタビューなどの記録映像で、岩手県北上市在住の双子の映画プロデューサー都鳥拓也さん、伸也さんが製作。
 撮影は2011年9月、NPO法人公衆衛生看護研究所(東京)の依頼で開始され、12年4月まで岩手県大槌町や石巻市、南相馬市など3県の被災地を巡り、保健師約80人の証言や活動を140時間以上記録したそうです。

e0162117_19111535.jpg映画を鑑賞し、保険師の方々の奮闘ぶりを初めて知るきっかけになりましたが、わたしにとってもっと大きな収穫がありました。
東北の太平洋側で原発がない県は岩手県だけで、その理由は原発を作らせまいと奮闘された女性がいらしたからなのでした。

わたしも先月も訪れた岩手県田野畑村。ここで1981年に繰り広げられた原発建設計画反対運動の中心だった保健師岩見ヒサさんの存在に驚きました。
岩見ヒサさんは、昭和30年代に「原発誘致」の話が持ち上がったときに、「原発反対」を説く広瀬隆氏の本を読んでいて、愛すべき郷土に「危険な原発」は不要と猛反対されたとのことでした。
当時、村の予算が5億円で、35億円のお金が降って湧いてくるとの電力会社等の甘言があったようで、男性陣はもろ手を挙げて賛成されたようです。
岩見さんは先ず、婦人部で原発の危険性についての勉強会を開き、「原子力発電とはなにか」(広瀬隆著)の本を数十冊無償配布して、婦人部で原発反対の意思を固めたそうです。
そして、男性陣にも広瀬氏の本を数十冊無償配布して原発の危険性や、一度事故を起こしてしまうと取り返しがつかないことなどをじっくりと語り、農業・漁業・酪農の方々の賛同を得られて、結局岩手には原発が作られなかったということです。
一人の女性の熱意で岩手県に原発が作られなかったという事実は凄い衝撃でした。
現在、岩見ヒサさんは97歳というご高齢でもお元気に過ごされているとのことです。
昨年は岩見さんの家である宝福寺でこの映画の上映会が行われ、地元の方々に感謝されたということです。
岩見ヒサさんの著書「吾が住み処ここより外になし」、信念を貫いて生きる強さ。
この方を知ることができて本当に有り難く思います。

e0162117_19173157.jpgちょうど一年前の今日8/9は大館は記録的な大雨被害に見舞われました。
本日の無料上映会は大館市早口の観音寺さんで行われました。
大切な郷土、災害への備え、それを子々孫々へどう伝えていかなければいけないのか、いろいろと考えさせられました。
自分や大切な人を守るには、やはり知恵が必要だということ。
岩見ヒサさんに学ぶように、愛は本当に多くの命を助けるものだと感じました。
本日の上映に心より感謝いたします。
by bull_chihoko | 2014-08-09 19:18 | 映画の感想 | Comments(0)
ひまわりと子犬の7日間
e0162117_2254280.jpg
この映画に出合えて良かったと思える映画です。
実は、内容をチェックせずに、タイトルとラベル写真だけを見て鑑賞しました。
ほのぼのとした犬とのふれあいの映画だと思ったら、全く別ものでした。
保健所で殺処分される犬の実話をもとにした映画でした。
女性監督さんの深い愛のある目線で、世の中に命の問いかけをされていました。
愛しくて切なくて苦しくて胸が締め付けられました。
もう号泣、号泣、涙タンクが空っぽになるくらい、声が出てしまうほど泣きました。
 
現在日本では年間およそ20万頭もの犬や猫が殺処分されています。
人間の身勝手さ、命に対する意識の低さ、これが現在の日本の姿です。
できるだけ多くの人にこの現実を知っていただきたいです。


できるだけ多くの人にこの現実を考えていただきたいです。
知らなかったことを知る、知っていたはずなのに知らないふりをしていたことに気付くという点で、この映画は非常に素晴らしい機会になると思います。

優しさや思いやりの心が社会を変えていくのではないでしょうか。
映画を通じて意識が変わり、少しでも不幸な犬や猫が減ることを願っています。
e0162117_23235296.png

by bull_chihoko | 2014-03-30 23:27 | 映画の感想 | Comments(0)
フランケンウイニー
e0162117_174085.jpg
アニメーション賞を多数受賞、犬好きとしても有名なティムバートン監督のアニメ映画「フランケンウイニー」を愛犬ののんちゃんと一緒に鑑賞しました。
愛犬を亡くした孤独な少年ヴィクターが愛犬スパーキーを蘇らせるファンタジー。
独特なグロくて可愛いグロカワのキャラクターに丁寧に盛り込まれた温かさ。
この映画のワンシーンの一つ一つがとても愛おしくなるビジュアルです。
 
モノクロだけで表現している芸術性・・・。
光と影のコントラストの美しさと緻密さが圧巻です。

影、雷、光、モノクロならではの物凄い表現力に引き込まれました。
余談ですが、わたしの愛犬ののんちゃんもスピーカーからワンワンと声が聞こえると、不思議そうに画面を見上げていて微笑ましかったです。
自分に犬がいてこの映画を鑑賞することになるとは思ってもいませんでしたが、
環境によって映画が何倍にも豊かに面白く感じることを実感した映画でした。
もう一度、一人でじっくりと観たいと思いました。
by bull_chihoko | 2014-01-11 18:16 | 映画の感想 | Comments(0)
永遠の0
e0162117_1815983.png
映画「永遠の0」を鑑賞しました。
友人から原作の百田尚樹氏のベストセラー小説を感動して涙を流しながら読んだと聞いていて、わたしも映画の鑑賞を楽しみにしていました。
「ALWAYS三丁目の夕日」などで知られる山崎貴監督作品です。
テーマは現代を生きる私たちにも通ずる「愛」を描いていました。
家族のために必ず生きて帰ると約束し、待っている人がいることそのものが、生きる原動力となっていた主人公宮部久蔵。
零戦の戦闘シーンも戦時中の描写もかなり凝った丁寧な仕上がりになっていましたが、残念なことにわたしは今一つ物語にリアリティを感じることができませんでした。
もしかしたら涙で大変なことになるかもしれないと思っていたのに、一粒の涙も流れませんでした。
それは、昨年十和田湖から引き上げられた一式双発高等練習機を目の当たりにして、その存在があまりにも凄絶でリアルだったせいかもしれません。
真実を描写することの難しさを実感しました。
by bull_chihoko | 2013-12-23 18:26 | 映画の感想 | Comments(0)
JIN ー仁ー
e0162117_1895583.jpg
今年2013年はドラマの当たり年と言われています。
じぇじぇじぇのNHK「あまちゃん」にハマり、
倍返しでブームになった「半沢直樹」も全編鑑賞しました。
そして、先月観たTBS「とんび」があまりにも面白くて
続いてただ今 TBSドラマ「JINー仁ー」[ 2009年版]を鑑賞しています。
幕末の江戸にタイムスリップした脳外科医・南方仁が人々の命を救っていくヒューマンドラマです。
これが、とても興味深い展開で釘付けになってしまっています。
by bull_chihoko | 2013-12-06 18:21 | 映画の感想 | Comments(0)
「とんび」
e0162117_17193492.jpg
ここ数日、前々から観たいと思っていたドラマ「とんび」を鑑賞しています。
原作は直木賞作家の重松清氏。
今年1月からTBSテレビ 日曜劇場で全10話で放映されたシリーズです。
妻を失った男が、不器用ながらも男手ひとつで息子を育てていく物語。
子どもが成長していく過程にはさまざまな困難が立ちはだかり、
そのたびに見え隠れする父親の愛情に心を打たれます。

今、第8話まで見終えたところで、第1話から毎回ぼろ泣き状態です。
「三丁目の夕日」や「寅さん」のような人情物です。
けれども、これほどまで感動の連続になるとは本当に想像もつきませんでした。
ドラマは世の中にあふれていますが、その中でも「とんび」ほど我が子に対する父親の愛情が描かれたドラマをわたしは観たことがありません。
丁寧な描き方、温かな言葉の一つひとつに泣かされてしまいます。
この「とんび」を観ずしてドラマは語れません。
とても温かくて、優しくて、涙があふれてきます。
本当にささやかな日常が幸せなのだと気づかされます。

オンデマンドやDVDレンタルでもご覧いただけます。オススメです。
by bull_chihoko | 2013-11-19 17:20 | 映画の感想 | Comments(4)
「あまちゃん」観ています!
e0162117_1723987.png
じぇじぇじぇ〜っ!大反響の朝ドラ「あまちゃん」。
番組が放送終了した直後からNHKオンデマンドを利用して観ています。
実はわたしはテレビは全く観ないので、朝ドラは「おしん」以来30年ぶり。
ここ数ヶ月お店でもお客さまから「あまちゃん」の話題が出ていました。
三陸鉄道久慈駅が舞台で、鉄道を応援するわたしとイメージが重なると言われたことも幾度かありました。
わたしも昨年のGWに三陸鉄道久慈駅発のイベント列車に参加して久慈駅を訪れていたこともあり、番組が終了したらこの朝ドラだけは観てみようと思っていました。

今、66話。海女カフェが完成して、潮風のメモリーズを歌い、アイドルに憧れて東京に行こうと決心したところです。
次々と登場する名脇役、小ネタの連発、なによりも脚本の面白さ。
連日「あまちゃん」を観ていて、久慈の街、三陸の海にまた行きたくなってきて、
ただ今「あまちゃんを巡るツアー」の計画中です。
主演の能年玲奈さんが本日の笑っていいともにも出演していましたね。
まだまだ勢いの止まらない「あまちゃん」に、連日とっても楽しませてもらっている今日この頃です。



【  追記 】
e0162117_1824628.jpg昨年、久慈駅発レトロ列車でいただいた北三陸味の旅「海の幸弁当」。
久慈でとれた美味しい三陸の海の幸がいっぱい。
この時、まさか一年後に久慈の街に空前の大ブームが訪れようとは想像もできませんでした。
by bull_chihoko | 2013-10-07 18:10 | 映画の感想 | Comments(2)
風立ちぬ
e0162117_1733268.jpg
宮崎駿監督最新作「風立ちぬ」を本日鑑賞してきました。
観ようと思ったきっかけは、なぜ宮崎監督が1930年代の日本を描いたのかという問いに「また同じ時代が来たからですよ」と言われたからです。

大正から昭和前期の1930年代の日本は美しくも貧しい国。
「風立ちねぬ、いざ生きめやも」
戦争へと向かう時代の風の中、限られた「生」を何を心に抱いて生きるのか・・・。
わたしたちも大震災に何が一番大切なのかが見えた思いでした。
零戦でもなく、戦争でもなく、
その部分を描いた映画だと感じました。
by bull_chihoko | 2013-07-26 18:22 | 映画の感想 | Comments(0)
きっと、うまくいく
e0162117_148785.jpg
少し前から気になっていたインド映画「きっとうまくいく」
3時間ちかくもある長いインド映画観るのを、わざわざ遠くの映画館まで観に行くのをちょっと躊躇していたわたしでした。
でも、あまりにもYahooの採点が高評価でしたので、ついに、昨日青森県つがる市のシネマヴィレッジ8・イオン柏まで行ってきました。

結果!観終わって、大満足でした。この映画は、観て大正解!
脚本力、伏線の貼り方・回収の仕方がとにかく素晴らしいですし、ダンスや音楽も楽しめます。
笑って泣いて、観終わったら「きっと、うまくいく」と爽快な気分になります。
恐るべし、インド映画!
ぜひ、劇場でご覧になっていただきたいです。超オススメの傑作です!
by bull_chihoko | 2013-07-22 14:43 | 映画の感想 | Comments(0)
奇跡のリンゴ
e0162117_18331829.jpg
今日、映画の舞台となった弘前市で「奇跡のリンゴ」を観てきました。
世界で初めてりんごの完全無農薬栽培に成功した、木村秋則さんを描いた実話ですが、これはただの感動のドラマではありませんでした。
人類が、地球が、今抱えている問題の答、そのものでした。

e0162117_1834013.jpg
日本にりんごが伝わったのは、わずか100年ほど前のことだそうです。
りんごは人類が品種改良を重ねた末に今のりんごに到達し、年に十数回の農薬散布が当たり前のように行われています。
甘く甘くと改良されたリンゴは虫や菌の格好の標的となるため、農薬を使わないリンゴ栽培は不可能で、神の領域でした。
農薬を使うこと、それは人間が自然を破壊して来た近年に重なります。
公害・原発など人間の都合で自然環境はどんどん壊されました。
木村秋則さんの成し得たことは、そのような人類の方向性に逆らって一切の農薬を使わず、リンゴが本来持っている生命力を引き出し、生態系を整えること、そして愛情を持って育てることです。
それは、生き方を問われることなのです。
人間が未来も生かされているかどうか。
だからこそ、木村さんのリンゴは奇跡であり、神の領域なのです。

無農薬、無肥料による自然栽培を完成させるまで10年間、そこに劇的な価値観の変革があり、成功を手に入れたそうです。
それは人間が主役ではなくりんごが主役だとそこに気づかれたことだったそうです。
ただ、その一点に気づくまでに10年を費やしたそうです。
この地球の主役は人間ではなく、地球に棲む全ての命だということ。

破滅へと向かう現代の病んだ地球の救世主は木村秋則さんなのではないかと思えた映画です。
by bull_chihoko | 2013-06-17 18:39 | 映画の感想 | Comments(0)