<   2010年 12月 ( 35 )   > この月の画像一覧
一年の終わりに···
e0162117_2341644.jpg
写真は昨日撮影した、大館シャイニングストリート(豊町〜中道)です。
年々パワーアップして、今年はさらに電飾の光の道が延長されています。
今日の大晦日は カウントダウン点灯式イベントが 23時45分~行われます。
大館を光煌めく街にしようというプロジェクトはすっかり定着してきて
大館の新しい冬の風物詩になっています。
地元を活気づけようと尽力されている実行委員会をとても誇りに思います。
微力ですが、わたしも応援させていただいています。
素敵な街づくり、人とのふれあい、すべては温かな想いから始まっています。
お正月休みで帰省していらっしゃる方々にも人の優しさと大館を愛する光の
大館シャイニングストリートをご覧になっていただきたいです。



いつもブログをご覧になってくださってありがとうございます。

昨年以上に ブログを通して多くの方々との素敵な出逢いがあって

おかげさまで 充実した一年を過ごすことができました。

このブログにいつも温かいコメントを寄せてくださっている方々

お声をお聞かせくださって 本当にありがとうございます。


皆さまにとりまして

2011年がハッピーな一年でありますように。

どうぞ よいお正月をお迎えください。
by bull_chihoko | 2010-12-31 01:44 | 大館関連 | Comments(6)
もう一つの大人買い  〜資生堂『バスカプセル·ローズ』
e0162117_13425622.jpg
今日は、わたしのバスタイムの愛用品、資生堂『バスカプセル·ローズ』の紹介です。
リラクゼーション効果の高い薔薇の香り成分を配合していて、
お肌も心もゆったりと、薔薇のアロマに包まれた芳香浴が楽しめます。
バスタブでゆっくりと乳白色に溶け出し、お肌がしっとり潤います☆+*
この乳白色の和みと薔薇独特の華やかな香りにとても癒されます。
10年ほど愛用していますが、数年前にこの『バスカプセル』が生産中止になるという情報をいただき、なんと段ボール1箱分も買いました。
数にして500個、お値段にして5万円。
またしても大人買い!やはり注文した時にお店の方に驚かれました。
気に入ったら、ずっとずっと長く愛用するのがわたし流。
薔薇の甘い香りは心を和らげ、自信や幸福感を高めてくれると言います。
自分の気持ちを癒す香りと環境をつくることって大切だと思います。

ちなみに10代の時、生まれて初めて使ったコロン。
お店を始めた頃から愛用している香水。
今でもこの2種類だけを自分の香りとして使っています。
いつかその愛用品も紹介したいと思っています。

今日も これから『バスカプセル·ローズ』のバスタイムを楽しんで
今年ラストのお仕事に向けてスタンバイします。
by bull_chihoko | 2010-12-30 13:42 | ダイアリー | Comments(4)
至極のひととき  〜佳松園
昨日·今日は仕事納めの方も多かったと思います。一年間お疲れさまでした。
普段の疲れを癒すには温泉が一番ですね。
今日はわたしの一番お気に入りの温泉とバスリネンの紹介です。

e0162117_1346338.jpg過去に色んな温泉に行きましたが、一番好みのお湯質は岩手県花巻温泉の佳松園です。
自然に抱かれた立地条件も眺めもお風呂の作りも、そして肝心な泉質も超一流です。
柔らかでツルツルした肌ざわりに「これは肌美人になれる!」って直感しました。
それから度々ここを利用しています。
ただ、ここの佳松園は温泉のみの利用ができません。 
日帰りコースはお部屋でいただくお食事付きのプランになっています。
わたしのオススメは会席膳の「花」のプラン(要予約)です。
ちょっと贅沢にご自分へのご褒美の意味もこめて、ご夫婦で、お友達と、
また親孝行にとてもいいと思います。きっと、ご満足されるにちがいありません。
温泉は混み合うことも無く、ゆったりと極上の癒しを満喫できます。
周辺の自然散策もできますし、お値段以上の価値は絶対にあると思います。
わたしは帰りがけに売店から佳松園の温泉のもとを買って帰ります。
自宅でもすべすべお肌で佳松園気分が味わえます。
不思議なのですが、この温泉のもとはお湯の設定温度を2℃位高くした方が丁度いいです。入浴後はポカポカで、湯冷めしません。
e0162117_13461016.jpg
写真のタオルリネンは5年以上愛用しているフェイスタオルとバスタオルです。
こちらはファーガソン社製で英国王室御用達。
希少なアイリッシュリネンで作られていて、とても高品質です。
使い込むほどに風合いが良くなってきて、もう手放せません。
タオルリネンはかさばらないので、旅行やお出かけに手軽に持って行けます。
ネットで調べたらこのダマスク織りのフェイスタオルが商品リストに無かったです。
使い心地がいいので、予備にもう一枚購入しておけばよかった···と、ちょっと後悔。
最初は亜麻色でしたが、今では優しいエクリュー色になってきました。
上質なリネンは10年以上愛用できるので、むしろ経済的だと思います。
リネンの魅力は何年も使い込んだ人にしかわからないものなんです。

ファーガソン社製のこのバスタオルは→こちらで見れます。


わたしの仕事納めは明日です。Bullは年内明日30日まで営業しております。
来年の年明けは3日(月)より平常営業いたします。
by bull_chihoko | 2010-12-29 13:46 | リネン | Comments(0)
ゴミ袋の大人買い!
e0162117_3393028.jpg
年の瀬、大掃除でたくさんのゴミが出る頃になりました。
わたし、店員さんにもビックリされた大人買いをしたことがあるんです。
それは『大館市指定ごみ収集袋の大人買い』!!!
一気に10枚入りのゴミ袋を100袋以上買いました。
ですから1000枚以上、金額も1万円以上になりました。しかも凄く重かったです。
どうしてそんな買い方をしたかというと、
大館市では今から3〜4年前、マットなツヤ消しのナイロン素材のゴミ袋からツルツルでフニャっとしたナイロン素材にゴミ袋の材質が変わったんです。
片付けの時には前者の方が使い勝手が良かったので、廃盤になったゴミ袋を見つけた時に、お店の在庫のゴミ袋全部をまとめ買いしたのでした。
1000枚あったゴミ袋も自宅とお店で使ったので、残りあと70枚になりました。
使った枚数をお店では週3袋、自宅では週2袋平均として計算すると
(1000-70枚)÷5袋÷52週=約3,5年 になります。
だいたい計算と経過した年数が合っています。
買ってから何年も経つと劣化するのではないかと思いましたが、今も大丈夫です。

誰かにとってはゴミでも、他の誰かにとっては宝の山だということもあります。
2〜3年前、解体業者さんからお聞きしたお話で、その頃は鉄屑が1kg60円で引き取ってもらえたそうで、大きなビルを解体すると鉄屑が数千万円にもなったそうです。
最近では、不要になった物をオークションやフリーマーケットなどで売買するのも珍しくなくなってきています。
考古学上、古代の人々の生活様式を知るのに大変貴重な遺跡の貝塚はゴミ置き場だったとも言われています。
また、企業や犯罪、軍事などに関してはゴミが貴重な重要証拠や情報源になることだってあります。
一口にゴミと言っても、考え方や利用の仕方によって有用なものになるものですね。

身の回りがきれいに整理されると気持ちがいいですね。
ゴミは『護美』、美しさを護(まも)ると書く場合もあります。
あと残り数日で、家の中を大掃除して晴々としたお正月を迎えたいと思っています。
by bull_chihoko | 2010-12-28 03:39 | ダイアリー | Comments(6)
寒い日は
e0162117_1139589.jpg
この窓一枚隔てて、外と内側の温度差は70℃くらい···。
写真はマイサウナから撮影しています。
サウナは寒い真冬日の午前中のわたしの日課になっています。
あまり高すぎない温度で、ゆっくり体の芯から暖まっています。
最近はウォーキングもしていないので貴重な発汗タイムです。
ぽかぽかに暖まった体はそれから暫く持続しますから
お昼寝が最高に心地いいです。
お洗濯したばかりのリネンシーツに包まれて極楽気分です。
寒い日こそサウナがおすすめです。
できれば自宅に設置しているのが理想的ですが
美容と健康のために温泉のサウナで汗を流すのもいいと思います。
by bull_chihoko | 2010-12-27 12:04 | ダイアリー | Comments(4)
スツールを作りました!
e0162117_2254088.jpg
一日中氷点下の真冬日が続いています。
寒い日ほど薪ストーブが力を発揮し、わたしがストーブの前に居る時間も増えます。
薪を焼べる時に座るスツールを探しても、ちょうどいいのってなかなか無いもの。
そこで、ハンドメイドすることにしました。

e0162117_2242120.jpgある工務店さんから薪用にと、新築の建材の残りを分けていただいていました。
それを利用して土台になる椅子を作りました。
クッション材の綿を詰めたカバーを直接椅子に釘打ちして、上から布で包み込み、また釘打ちで固定しました。
ハンドメイドってお裁縫のイメージでしたが、今回はまるで大工仕事のよう···。
この布選びが結構重要で、お部屋の雰囲気に合っていて、
しかも邪魔にならない存在にしなくてはいけません。
このお部屋の主役はキャビネット
そしてピンクのソファに座って薪ストーブの炎を眺めます。
ですからスツールが主張しないようにフローリングやレンガと同色にしました。
使ったファブリックはアンティークのトワルドジュイ。ちょっと贅沢。
ヨーロピアンな雰囲気で、しかも鋏を入れなくてもジャストサイズでした。
冬の間、毎日このファブリックを楽しめます。

薪ストーブの中には暖房の燃料となって燃えている建材、
ストーブの前にはスツールとして再利用された建材。
しかし、元々はどちらも新築のゴミとして、ただ捨てられる運命でした。
それぞれに役に立ってくれました。 
丈夫に仕上がったスツールはこれから毎日大活躍してくれそうです。
  
by bull_chihoko | 2010-12-26 02:26 | ハンドメイド | Comments(2)
今日から 年末のコスプレ!
e0162117_3101946.jpg
今日から30日までの5日間、年末恒例の超コスプレで営業します♪
わたしの今年のコスチュームは・・・未定です !!
Sexyミニーちゃんを試着してみました。もしかしたらメイドさんかも。
ちょっと迷っています (>▽<;;
お店でわたしがコスプレするのはこの期間だけ。
生でご覧になりたい方は、ぜひお店にいらしてくださいね~☆
お得な飲み放題プランをご用意しています〜☆
お客さまのコスプレも大歓迎です !!



【ご案内】ただ今、大好評 ゜゚*☆ 17周年特別イベント☆*゚ ゜゚期間中です
by bull_chihoko | 2010-12-25 02:30 | イベント | Comments(0)
雪の結晶
e0162117_14283039.jpg

雪の結晶は、この世に二つとして同じ形のものはないそうです。
氷の結晶は六角形、雪の結晶も六角形。
不思議なことに蜂の巣や亀の甲羅など、
安定のシンボルとされるものは六角形の造形美を持っています。

神秘的な雪の結晶。
それは天からのおくりもの。
立ち止まって
のぞいた人だけが出会える
神聖で美しい世界。
 
by bull_chihoko | 2010-12-24 11:08 | ダイアリー | Comments(2)
トロン レガシー


今から28年前、コンピューターが一般的ではなくごく限られた一部の人だけが所有していた頃、ディズニー製作の本作の前編が公開されました。
当時、わたしはリアルタイムで大館の銀映という映画館で鑑賞しました。
コンピューターの中、つまり電子回路へ送り込まれた世界を描いているのですが、
当時としては斬新で21世紀の近未来を体感させる衝撃的な映画でした。
この前作こそ、映画史上驚くべき大変革を起こしていました。
今では当たり前になったコンピューターグラフィクス(CG)の導入です。
まだ、誰も見たことが無かったCGの世界へ導いてくれました。
それから28年、3Dでの続編『トロン·レガシー』を一昨日鑑賞しました。
21世紀を迎えコンピューターが普及した現代に公開された本作もさらに未知なる世界へ観客を誘います。
アカデミー男優賞のジェフ・ブリッジスが前作当時の若いままの姿で出演していますがそれは全てCGで、現在とのギャップも楽しめます。
全ての新しいビジュアルは誰かが作るもの。
当時そうだった前作のトロンように、映像の最先端を見せてくれています。
デザイン、ビジュアル、テクノロジーを堪能できる新感覚の映画です。
世界を変えていくもの、それは人間の想像力に他なりません。
ディズニーの筆頭株主であるスティーブ・ジョブズ氏を彷彿とさせる主人公フリンがコンピューターの世界で求めた完璧という名のユートピア、その行き着く先が続編である本編で明かされるのです。
わたしたちが日常使っているiPhoneなどのテクノロジーがいずれどういうところに向かっていくのか何となく分かったような気がしました。
下の動画はアップル社のイメージ広告ですが、ジョブズ氏が一番大切にしているものがとても良く表現されているように思います。
それはテクノロジーの到達点に最も深く関わっている感覚なのではないでしょうか。
言葉では言い表せない想いがそこに確かにあると感じました。


by bull_chihoko | 2010-12-23 09:36 | 映画の感想 | Comments(0)
北をめざす
e0162117_345517.jpg
一面の田んぼから蒸気が立ち上がり、天へつながるグラデーションになりました。
冬の朝ならではの光景。
「あけばの」は北をめざします。
by bull_chihoko | 2010-12-22 03:05 | 鉄道 | Comments(2)