<   2011年 04月 ( 35 )   > この月の画像一覧
ウィリアム英王子挙式 ダイアナ元妃の夢再び
e0162117_131551100.jpg
1981年のチャールズ英皇太子と故ダイアナ元妃の結婚式から30年。
昨日行われたウィリアム英王子とキャサリン妃のロイヤルウェディング。
久々の明るくてハッピーな報道に世界中が注目しました。
お妃のキャサリンさんは人を惹き付ける魅力のある方ですね。
王子も一目惚れしたということが頷けます。
自然に微笑んでいて素敵だと思いました。
英国王室存続の未来は今後のお二人の夫婦円満な生活にかかっています。
一時期、英君主制は深刻な危機にたたされましたが、ウィリアム王子とキャサリン妃のご結婚で王室人気は上昇、イギリス国民からの王族の好感度ランキングは1位がウィリアム王子で、今月行われたアンケートでは66%が「今後100年間英王室は存続する」と回答、76%が「ウィリアム王子は良い国王になる」と、大変高い好感度です。

昨日のロイヤルウェディングでもやはり、思い出されるのはダイアナ元妃。
イギリス国民にダイアナ元妃が広く支持された理由として、HIVやガン患者、恵まれない子供達に共感し、熱心に慈善活動を行ってきたことが挙げられます。また幼かった二人の王子をエイズ患者のお見舞いに同行させるなど、公務としてはもちろん自分自身の生き方として大切にしてきた姿勢は今もイギリス国民の心に残っています。
イギリス国民が感銘を受けたダイアナ元妃の発言は
「これから、私は国民の心の女王をめざしていきたいのです」が有名です。
昨日の結婚式も王子とキャサリン妃のご希望で、元妃の王室国民葬が営まれた
ウェストミンスター寺院が式場に選ばれました。
婚約指輪も元妃の形見、今さらながらダイアナ元妃の存在の偉大さを感じています。
こんなエピソードをみつけました。 
18歳の誕生日を控えたウィリアム王子は、亡き母の親友から手紙を受け取りました。
「いつか世界中の人々があなたを素晴らしい英国王と仰ぎ見ることを夢見ています」
と、ウィリアム王子に託した元妃の思いがつづられていました。

私事で恐縮ですが、わたしの両親の結婚記念日も昨日の4/29で今年が金婚式でした。
父は8年前に他界しているため夫婦揃って金婚式を迎えることは叶いませんでしたが
昨日のご結婚を拝見して、末永くお二人ともお幸せでありますようにと願いました。
人気絶大な王子と知性豊かで美しいキャサリン妃の今後のご活躍が楽しみです。


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

4月29日のウィリアム英王子とキャサリン妃のロイヤルウェディング動画
Royal Wedding Live Stream Stream 2011約2時間ほどに及ぶ豪華版!
式場に向かうシーンから結婚式、祝福パレードなどたっぷりご覧いただけます!
 
by bull_chihoko | 2011-04-30 11:28 | ダイアリー | Comments(0)
GWが始まりました!   
e0162117_15305927.jpg
今日からゴールデンウィークが始まりました。
夢の国、東京ディズニーランドは東日本大震災で休園して以来、先月15日にほぼ1ヶ月ぶりに再開していましたが、昨日28日東京ディズニーシーも約1カ月半ぶりに再開しました。
東京ディズニーランドも夜間開園しており、周辺の東京ディズニーリゾート内の施設がようやく震災前の通常営業に戻りました。
再開関連の記事で、とても印象的だったのは、ゲスト(来場者)も、迎えるキャスト(スタッフ)も同じことをコメントしていたことです。
それは「笑顔に元気づけられました」ということでした。
元気の源は笑顔だということをあらためて感じました。

東京ディズニーランドを運営するオリエンタルランドでは被災地へのディズニーキャラクター慰問を検討しているということで、実現すれば被災地の子どもさんたちはどんなに喜ぶだろうと思いました。子どもたちが喜んで笑顔になってくれることで、大人もどれほど癒されることでしょう。キャラクターには人を幸せにする力がありますから、夢と笑顔を運んでくれるテーマパーク、ディズニーならではの慰問をぜひ実現してくださいますように願っています。

日常を離れて夢をかなえてくれる場所は、『今後は電力をも生み出す災害に強い、力強いテーマパークへ生まれ変わる』という構想で、電力供給不足に備え、30億円を投資し、新たに出力5000キロワット規模の国産の自家発電機を3基導入。
電力消費の25%以上を自力で賄えるようにして、夏の営業に備えるそうです。

お客さまを優しく、温かく、楽しく、もてなしてくれているディズニーランド。
夢の世界であり続けるため、様々な努力を表面的には一切見せずに笑顔をふりまいてくれます。それは、けっして夢ではなく、そこに真実の輝きがあるからこそ人々を魅了してやまないのだと思います。

例年と違って今年のゴールデンウィークは、本日震災から49日ぶりに東北新幹線が全線開通したことや、東京ディズニーランド&ディズニーシーの再開によって、東北の復興の力になる有意義な連休になりますように。


・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

パントマイム世界一KAMIYAMAさんによる
不思議なカストーディアル動画 [ディズニーシーにて]
by bull_chihoko | 2011-04-29 15:36 | ダイアリー | Comments(2)
「日清カップヌードルごはん」プレゼント!
【 GW 特別企画 】
4/29〜5/5の期間限定で ボトルキープの方に
入手困難な「日清カップヌードルごはん」プレゼントしま〜す! 

e0162117_12315932.jpg

今や国民食とも言われるカップめん「カップヌードル」の味をごはんで再現している「日清カップヌードルごはん」
昨年8月に近畿地区限定で先行発売したところ、予想を上回る大ヒット、生産が間に合わず一時販売を休止したほど。関東や東北などの地域では販売されないため一時期物凄い高値でネット上で取引されていました。 

「日清カップヌードルごはん」は、ひなあられのようなパフライスを、
水・具材・スープとともに電子レンジでチン!します。
誰でも簡単にできる「カップヌードル」の味をごはんで忠実に再現した、
ユニークな商品です。
2種類とも食べてみましたけど、どちらかといえば「シーフードヌードルごはん」のほうが海鮮ピラフ風で美味しかったです。

この大人気商品を入手できましたので、ボトルキープしてくださったお客さまに特別にプレゼントすることにいたしました♡
GW期間中は平常通り営業いたします。ご来店お待ちしていますヽ(=´▽`=)ノ



☆「 JT 日本のたばこ」もあります!
by bull_chihoko | 2011-04-28 11:05 | イベント | Comments(0)
爪は健康のバロメーター
e0162117_10122886.jpg
写真は今朝のわたしの左手です。
以前は淡いピンクパール調のマニキュアをしていましたが、
3.11の震災以来、マニキュアはしていません。
何だか、指先を華やかにする気分になれなくて、自然のままにしています。
でも、ありのままをキレイにするって、誤摩化しがきかないのでむずかしいです。
普段からわたしは自分の健康のバロメーターとして爪をチェックしていますが、
真冬は乾燥のため二枚爪になって爪の先が割れてしまうことがありました。
また、薪を運んだりして爪が折れてしまうこともありました。
最近はマニキュアをしないおかげで、爪の状態をチェックしやすいです。
以前よりも指先に気を配るようになったので爪の健康のためには好都合です。 

意外に思うかもしれませんが、爪は皮ふの一部なのだそうです。
ケラチンというタンパク質からできていて、手の爪は1日に約0.1mm伸びます。
爪には外的刺激から指先を保護する役割があり、爪があるおかげで物をつかんだり、スムーズに歩いたりといった動作ができているのだそうです。

e0162117_1013195.jpg
爪を健やかに保つ秘訣として、爪の切り方が重要なポイントです。
お風呂上りにヤスリで爪を整えます。(以前紹介したガラス製のヤスリがオススメ)
ヤスリは一方方向に動かすほうが二枚爪防止になるそうです。
e0162117_10135799.jpg
爪は髪の毛と同じく死んだ細胞で、爪自体は呼吸をしていません。
なので、マニキュアが爪に悪いわけではなく、逆に爪を保護してくれます。
爪に悪いのは除光液です。除光液による乾燥やダメージをふぜぐため、
頻繁に使うのは避けて、使用後はハンドクリームなどで保湿をするとよいそうです。

わたしの爪も結構長くなってきて、キーボードを打ちにくくなってきました。
ってことは、ネイルアートした長い爪ではキーボードはもちろん、
携帯電話でのメールやお料理など指先を使うのにかなり大変なのでしょうね···。

手は年齢が出やすいものです。
お手入れ次第で爪も若々しく保てるはず。
爪の健康に気をつけてキレイな指先を心がけたいと思っています。

 
by bull_chihoko | 2011-04-27 10:17 | 健康・美容・ファッション | Comments(2)
畑にて
e0162117_9194044.jpg

畑の中にならんだ

光と陰

普段は見逃してしまっている

何気ない場所

四月の夕暮れ

思いがけない時間





( 大館で撮影 )
by bull_chihoko | 2011-04-26 09:40 | カメラ歳時記 | Comments(2)
安斉重夫  イーハトーブファンタジー
e0162117_17361078.jpg
 e0162117_1348480.jpg先週訪れた花巻の宮沢賢治イーハトーブ館で安斉重夫 「イーハトーブファンタジー」鉄による宮沢賢治作品彫刻展が行われていました。
会期は6月20日まで
入場無料

静かな森のなかにある建物の中で佇む彫刻たち。
e0162117_13482747.jpg童話と鉄のアートの融合。
鉄がこんなに表現力があったのかと驚くほど、体の線が繊細で、儚く美しいのでドキッとしました。
 
宮沢賢治の童話にそって作品が創作されています。
絵などの平面と違い、立体の単色で表現されている彫刻。
鉄で表現されたファンタジーはイマジネーションと郷愁が混じり合い、とても巧みに童話の世界を浮き上がらせていると感じました。
固くて冷たいイメージの鉄ですが、ここで鑑賞した鉄は優しくて温かい鉄なのです。
感性がするどく、それでいてメルヘンが漂っていて絶妙な宮沢賢治ワールドです。
e0162117_13484712.jpg会場には感想を書くスペースがあり、そこにあった椅子。
昔の木造の小学校にあったような小ぶりに椅子がとても懐かしかったので、これも思わず撮影しました。
(写真はiPhone4で撮影)

安斉重夫さんの彫刻たちと静かでゆっくりした時間を過ごすことができました。
by bull_chihoko | 2011-04-25 13:49 | 旅・お出かけ | Comments(0)
Earth


今日は感動的な美しい地球の映像をお届けします。
自然の中で健気に一生懸命に生きている動物たち、
緑あふれる大地、豊かな水源。

地上に生命が誕生してから、40億年。
その長い年月の中で生物が進化して多様な生物が誕生し、
現在、動物・植物を合わせて、約2000万種いると言われています。

しかし、人間だけが爆発的に増加、
わずか100年足らずで世界の人口は4倍に増えました。
40億年前、地球に生物が存在してから今までを1年に換算すれば、
12月31日の23:59 50秒を過ぎて残りのわずか数秒が100年という長さです。
わずか100年足らずで、数十億年もかけてつくられた生態系を
自分たちの欲のために壊してしまいました。
わたしたち人間がしてきた様々な罪に気づくべきだと思います。
森林伐採、湖沼や河川の埋め立て、農薬大量使用、環境汚染、温暖化などで
自然を破壊し続けて、さらにエネルギーを使って豊かな暮らしを手に入れました。
でも、その陰で 何の罪も無い動物や植物が次々と絶滅しています。
信じられないことに、毎年5〜15万種の生物が絶滅しています。
一日で換算すると100〜300種が毎日、地上から姿を消していることになります。
  
この美しい日本、美しい地球は永遠ではありません。

わたしたちは地球からたくさんの恩恵をうけているのに
何にも恩返しはしていません。
地球は人間のものではありません。
もっと花や鳥や魚や動物に目を向けてほしいです。
自然の中には神秘も感動も知恵も調和も愛もあります。
心の奥底から自然を大切に思う気持ち、感謝する気持ちが
生物の絶滅危機を救うこと
美しい地球を未来へ残すことにつながると信じています。
 

・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥・‥…━…‥

この映像はハイビジョンなので拡大してご覧になっていただきたいです。
最後にメッセージが出ます。
その内容を和訳しておきました。

「今日の1/10以上の動植物は 既に大気中に放出された温暖化ガスにより
絶滅を逆転することはできないでしょう。

科学者たちは、人類が手に入れた油やガスを今のまま燃し続けていると、
1/3の動物たちの命が2050年までに途絶えると推定しています。

科学者は現在の熱帯雨林の森林破壊率がこのまま続けば、
2060年には動植物の命が破壊されると推定してます。」

なお、英文は下記の通りです。
Irreversibly more than one in ten of plants and animals today will become extinct because of global warming gases already released into the atmosphere.

Scientists estimate that if mankind continues to burn oil,corral and gas at the current rate,one in every three animals will be doomed by the year 2050.

Scientists estimate that if current deforestation rates continue that all the rainforests will be destroyed by the year 2060.
by bull_chihoko | 2011-04-24 10:40 | 動画 | Comments(2)
先月末に撮った銀釜
今日は先月に撮った震災関連の応援列車を紹介します。
こちらは九州の門司から応援に来ていた銀色のEF81-303と304の機関車です。
e0162117_11152555.jpg
3/30 撮影:奥羽本線 下川沿―早口
「九州からの応援釜。支援の心と出逢いに感動が重なりました。」

 
e0162117_1029423.jpg
3/29 撮影:奥羽本線 下川沿―早口
「残雪の北国へ。九州から銀色の機関車が応援に来てくれました。」
by bull_chihoko | 2011-04-23 10:29 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(4)
先月撮った「甲子園号」
先月紹介した「甲子園号」が鉄道ホビダス「今日の一枚」に掲載されました。
e0162117_130848.jpg
3/23 大館駅にて撮影
「いってらっしゃい!! 私たちの声援も届けて下さい」

e0162117_13341893.jpg
発車前、大館駅構内の「甲子園号」をお見送りしている光景です。
応援幕を掲げる駅員さんとそれを撮影する駅員さんです。

e0162117_135336.jpg
記念ショットをホームにいらした見知らぬ方に撮っていただきました。
さすが、撮り鉄さんだけあって電車にピントが合ってます(;´▽`A``

e0162117_139012.jpg
「お帰りなさい」応援を終えて、翌々日に大館に帰って来た「甲子園号」です。
by bull_chihoko | 2011-04-23 10:00 | 鉄道ホビダス[今日の一枚] | Comments(0)
旧竹村百貨店
昨日、花巻のマルカンデパートを紹介しましたが、その関連で日本の百貨店について調べたら興味深いことがありました。
日本の百貨店の歴史は100年ほどです。
1904年、東京日本橋の三井呉服店が(株)三越呉服店を設立し
「デパートメントストア宣言」を行ったのが日本の百貨店の始まりだそうです。
一流品を取り扱い、お洒落をして買い物を楽しむ、大衆とは無縁の格式の高い場所。
驚いたことに、「土足厳禁」だったそうです。「冷やかしお断り」防止策で、入店の際には備え付けの草履に履き替えるシステムになっていました。 
その後、明治末から大正にかけて、日本全国各地で呉服店などを前身に持つ百貨店が次々と開店し、大正時代になってから「下足預かりの禁止」になったそうです。
集客を目的として最上階フロアなどでは美術品・工芸品・骨董品・舶来品などの催しが行われ、文化的な地域貢献の場として、また教育された接客でたちまち人気が高まったということです。

e0162117_10545456.jpg
1920年(大正9年)、大館市大町に「正札竹村百貨店」が開店しました。
前年の大館大火で消失した街並に出現したルネッサンス様式の建物は、当時秋田県内で一番の高層建築で大勢の見物客が押し寄せたそうです。
その当時の「竹村百貨店」の写真です。
こんなヨーロピアンな建築だったなんて素敵すぎます!
昭和レトロもうっとりですが、大正ロマンは格式が高いです。
できることならば、この時代の大館の街並を歩いてみたいものです。
e0162117_10561134.jpgわたしのお店は大町ですので竹村百貨店はすぐ目の前。
左の写真でいえば左側の三角屋根の建物付近でしょうか。
わたしのお店が開店した17年前も、ここは大館の一等地でした。竹村デパートの食品売り場で、お店でお出しする食材を毎日買っていました。
1853年(嘉永6年)創業の老舗「竹村呉服店」から発展して、まさに大館のシンボルとなっていた「正札竹村百貨店」も平成13年7月、148年の歴史に幕を閉じてしまいました。
幼い頃、家族で行った楽しかった大食堂、高校時代の放課後によく立ち寄ったことや、わたしの個展を開催したことなど、たくさん思い出のある場所でした。
4年前、わたしはこの竹村デパートの2~3階の売り場に入る機会がありました。
なぜか、あまり片付いていなくて売り場やパネルなどがそのまま朽ちていました。
時代に取り残されたような空間でした。

今、日本中の百貨店の経営がとても困難になっています。
わたしが18才当時、こんな高級品を買う人がいるのかとカルチャーショックを受けた京都四条河原町の阪急デパートも昨年閉店してしまいました。
ブランド専門店、ユニクロ、ショッピングモールなどの進出、ネットの通販を受けて厳しい状況が続く中、景気のいい時代には考えられないような大手百貨店の統合などが相次いで行われています。
さらに、先月の3.11以来、消費者心理に高級品離れの変化が出てきているそうで、
ますます厳しくなっています。
こんなふうだと日本は「本物」が無くなってしまう方向に行ってしまいます。
それが気がかりです。
いつも無くなってしまってから気づく、大切なもの。
そんなことになりませんように。
by bull_chihoko | 2011-04-22 10:58 | 大館関連 | Comments(6)