<   2012年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧
今日は十五夜
e0162117_0552741.jpg
10日ほど前まで真夏の気温が続いていて季節に鈍感になってしまっていたら
一昨日の強風で庭のドングリの木から実が落ちていました。
しっかり秋の恵みが育まれていたのですね。

今年は異常気象の猛暑でしたので、どの程度実がつくのか気がかりでしたが
栗、カシワ、ドンングリなどほとんどの木の実が豊作のようです。
栗は例年よりも早い時期に、初物でもとてもリーズナブルなお値段でした。

写真は十五夜のお供え物ではなくて、モモンガたちへの木の実づくしの盛り合わせ。
十五夜なので、ウサギと言いたいところですが、
我家ではモモンガたちが秋の収穫を喜んで飛び跳ねているところです。

e0162117_1291449.jpg家族になって9年目の長老モモンガのハッピーに今年も新鮮な木の実をあげることができて嬉しく思っています。

写真は昨年のわたしとハッピーのツーショット。
体重がわずか50gほどの小さな体で9年も生きている生命力って凄いと思います。
以前ある雑誌で読んだ記事に「豆や実はこれから育とうとするエネルギーがギュッと詰まっているから、それを摂取することは体に良い」とありました。
木の実を食べてモモンガたちにもっともっと長生きしてほしいです。
by bull_chihoko | 2012-09-30 01:21 | ペット・動物 | Comments(2)
夕陽
e0162117_10113198.jpg
最近感じるのは、日が短くなってきたこと・・・。
9月は夏至と冬至のちょうど中間ですが、
暮れていく日没の時間は日に日に早まっていくのを実感。
そして、黄昏時の夕焼け空が染まるのが、いつもの季節よりも心にしみます。

写真は今月 日本海にて。
夕陽が水平線に近づく時には、あっという間に沈んでしまうように見えます。
同じスピードで動いているはずなのに、
そこだけ時間が凝縮されているように感じました。

時間は待ってはくれないから
限りある時間を大切にしたいものです・・・。
by bull_chihoko | 2012-09-29 10:19 | カメラ歳時記 | Comments(0)
北限の桃クラフティー
e0162117_9253888.jpg
昨日に続いて今日も大鳳堂さんの北限の桃を使っているスイーツの紹介です。
ケーキのようでケーキではない、その名は「北限の桃クラフティー」!
上にも中にも北限の桃がたっぷり♡ 生クリームも桃と相性の良い爽やかさ。
中はスポンジではなく、ちょっとだけホロッとした感じのクリーム。
小ぶりな柔らかいホールタイプなので、カットしないでこのまま食べました。
控えめな甘さで、北限の桃を生かした味のハーモニー。こんな食感は初めて☆
通常、ケーキにはドリンクが欲しくなるものですよね。
この北限の桃クラフティーは桃がジューシーですからその必要がないのです。
とってもフルーティで、そのままどんどん食べれちゃう感じです。
とろとろふわふわの桃スイーツ、美味しくいただきました。
( 桃の季節限定なので、10/10くらいまでの販売だそうです )
e0162117_9255278.jpg
美味しいスイーツをさらに美味しく感じさせてくれるのは、器。
レースペーパーのようなレリーフのプレートに盛りつけたら
北限の桃クラフティがより華やな雰囲気になりました。
by bull_chihoko | 2012-09-28 10:13 | グルメ | Comments(0)
北限の桃大福
e0162117_9403520.jpg
秋田にも桃の産地があって、おとなりの鹿角市で収穫されます。
本州で最北の桃ということで、「北限の桃」というネーミング。
実はもっと北の青森県でも栽培している地域はあるのですが、気候条件のため鹿角のほうが出荷時期が全国で一番遅いため「北限の桃」を名乗っているということです。
その中でも今は遅い晩生品種の川中島という桃の時期。
鮮やかな濃紅色で大玉の品種の硬めの桃で、甘味が強いのが特徴です。
その北限の桃を使っている「北限の桃大福」が
大館市部垂町の大鳳堂さんで今の季節限定で販売されています。
e0162117_9324364.jpg
半分に切ってみて、ビックリ! 
お餅の中には桃の餡、その中にゴロンと大きな桃。
一口で食べれちゃう大きさ。そして桃の自然な甘みがお口の中に広がります。
季節の恵みを感じて、幸せ〜な気持ち♪
地域で収穫された桃を使っていることがさらに美味しさを膨らませています。
今だけ限定の和スイーツ、いかがでしょうか。


※大鳳堂さんの黒鉱ドーナッツの記事は → こちら
by bull_chihoko | 2012-09-27 10:25 | グルメ | Comments(2)
日本最大級の「シロヤナギ」
e0162117_1026031.jpg
爽やかな秋晴れが続いています。少しずつ樹々も色づき始めました。
今日は大館市の貴重な樹木の一つ、日本最大級の「シロヤナギ」の紹介です。
e0162117_10263035.jpg
推定樹齢200年、樹高21m、直径1,8m、幹周5,7mの大きな樹。
大館城本丸跡地の桂城公園にある、シロヤナギの大木です。
シロヤナギとしては日本で2番目の巨木なんだそうです。
明治35年に大館高等小学校が建設される際に、
風による砂ぼこりを防ぐため移植されたものと記されています。
市内に残っている巨木を市の銘木に指定して大切に保存してほしいと思います。
こうして200年も生き続けている樹の生命力って凄いです。
ここにいるだけでとっても癒されます。
e0162117_10265273.jpg
しばらくの間、このベンチに座って刺繍をしました。
暑からず寒からずの心地いい気温。
永い時を刻んだ大木の下で、穏やかに時間が流れていきました。
e0162117_1027790.jpg
いつもあるのが当たり前になっていますが、樹齢200年を経るということは
とても稀なこと。とても有り難いこと。
この樹の下でくつろぐことができるように丸くベンチがあります。
秋の時間をここでゆっくりと過ごすのもいかがでしょうか・・・。
by bull_chihoko | 2012-09-26 10:47 | 大館関連 | Comments(4)
石田長生ライブ in BOSS
e0162117_1625448.jpg
昨夜はわたしのもう一つのお店、BOSSにて石田長生さんのライブがありました。
石田さんは通称石やんで親しまれていらっしゃるギタリスト。
そのギターテクニックは日本で活躍している著名なギタリストが惚れ込むほど。
大館でその極上の音色をお聴きすることができる絶好のライブでした。
アコースティックギター1本で、これほどまでに幅広い演奏が奏でられることに正直驚きました。
弾き語りや会場が一体となったノリノリのアップテンポ、そして泣きのギター。
トークで小笠原諸島のビーチで裸でギターを弾いたことをお話してくださり、その光景を想像し、そこに人生の輝きを見たように感じました。
音楽と共に生きている素晴らしさ。人生は音楽によって豊かになるものですね。
華奢なボディから奏でられるパワフルなステージから元気をいただきました。
e0162117_163238.jpg
ライブ終了後にBullで少しの間、おくつろぎいただきました。
初めてお会いしたのに初めてのような気がしない、親近感。
ライブ中、石やんも「初めての街ってそれなりの緊張があるもんやけど、大館ええなぁ。緊張せえへん。」って。
アドリブで歌詞に「2012年9月の大館のBOSSでコミュニケーション♪」と歌ってくださったり、何だかとても身近に感じた素敵なライブでした。
大館に居ながらにしてハイレベルな音楽を聴けるのは、とても幸せなこと。
石やん、素晴らしいライブをありがとうございました。

[ 来月10/20は 木村充揮(憂歌団)ライブを予定しています。]
by bull_chihoko | 2012-09-25 16:08 | イベント | Comments(2)
大館の空
e0162117_1494934.jpg
今年の9月の暑さは気象庁でも30年に一度の異常気象という表現をしていました。
先週の大館は最高気温が35度を超える猛暑日が続いたかと思うと
涼しさを通り越して一気に冷え、寒ささえ感じるほど大きく変わりました。
2日ちがいで最高気温が15度近くも変化し、気温差の激しい一週間でした。
e0162117_1505838.jpg
数日前の大館の空、片山付近です。
どちらも車の窓を開けて、サッとiPhoneで撮影した写真です。
いよいよ秋本番。日が短くなりましたね。
めっきり寒くなりましたので、体調など崩されませんように・・・。
by bull_chihoko | 2012-09-24 02:25 | ダイアリー | Comments(0)
鰺ヶ沢相撲館
e0162117_1395769.jpg
今日は大相撲秋場所の千秋楽ということで、珍しく相撲ネタです。
先日、鰺ヶ沢相撲館を訪れました。
e0162117_1311549.jpg
青森県は歴史に残る力士が多く、その中でも同町出身の舞の海をメインに郷土出身力士の活躍、化粧回し、貴重なトロフィーなど数多くの特別展示を始め、大相撲の歴史がよくわかるパネル展示、名場面を収録したビデオの放映、土俵、元小結舞の海の展示コーナーなど相撲ファンなら見逃せないスポットになっています。
e0162117_13102055.jpg
わたしは相撲にそれほど興味があるわけではありませんでしたが、入場無料ということで見学させていただいたら予想外に面白かったです。
特に名場面を収録したビデオでは舞の海の繰り出す技の巧みさを実感。
その中でも武双山との対戦での内無双の技が見事でした。
自分の体重の3倍もの小錦や曙といった超大型力士を負かす技は圧巻でした。
まさに「小よく大を制す」の醍醐味、四股名どおりの舞うような立合い、清潔感と知性、様々な場面で観客を酔わせてくれる名力士ぶりを拝見できました。
e0162117_13103920.jpg
舞の海の引退での断髪した髷や当時使っていた小道具なども展示され、
場内には来場者に相撲をもっと楽しんでいただくための工夫が施されています。
e0162117_13105353.jpg
相撲だけではなく、人柄や生き方までも故郷に愛されているようで、故郷に錦を飾るとはこういうことを言うのだと感じました。
場所は鰺ヶ沢「海の駅わんど」の2階です。
鰺ヶ沢に行かれることがありましたら、ご覧になってみてはいかがでしょうか。





 
by bull_chihoko | 2012-09-23 13:14 | 旅・お出かけ | Comments(0)
クロスステッチが完成☆
e0162117_16134893.jpg
10日ほど前から少しずつステッチして、昨日ついに完成しました!
何年か前に初めてこの図案のクロスステッチが施されたバッグを目にした時には
刺繍の心得の無い自分が、数年後にこの複雑な図案にチャレンジするとは全く想像もできませんでした。
やはりいくつになっても未知へのチャレンジって楽しいものです。
完成させると達成感があって、とっても満足です。
e0162117_16141236.jpg
ステッチしていた数日間は真夏のような猛暑でしたが、
刺し終わったら一気に涼しい秋の気温で、ドングリの木から落ち葉がいっぱい。
お気に入りのアンティークフレームに飾ったらトンボも遊びに来てくれました。
e0162117_16153220.jpg
昨年の秋にクロスステッチをしてからかなりご無沙汰だったのですが、
年齢のこともあって、老眼になりそうな気配を感じてストップしていました。
ところが、しばらくぶりに糸と針を手にしたら驚くほど手元が良く見えるのです。
1~2ミリの感覚で刺していくかなり細かい手作業なので、ちょっと心配でしたが
自分でも不思議なくらいに視力の調子が良く、サクサクとステッチできました。
糸だけでこんなにも表情のある布ができあがる嬉しさを感じながら・・・。

いつも自己流のステッチなので、今更ながらクロスステッチの基本を覚えたくて
「いちばんよくわかるクロスステッチの基礎と図案」という本を取り寄せました。
まだまだ チャレンジは続きます。。。
by bull_chihoko | 2012-09-22 16:58 | ハンドメイド | Comments(2)
iPhone5がやってきた!
e0162117_14142756.jpg
本日9/21発売のiPhone5が、わたしの手元にやってきました!
iPhone4 → iPhone4S → iPhone5 と新機種が登場するごと機種変更しています。
写真は今日届いた iPhone5(左)とさっきまで使っていた4S(右)。
iPhone4からiPhone4Sへは大きさはそのままのマイナーチェンジでしたが、
今回のiPhone5は幅が同じで縦長になって本体が薄くなっています。
画面が前よりも大きくなって、しかも20%も軽いのです。
発売前日の昨日、ネット上でGoogleMAPが使えないという情報が飛び交い
地図機能重視のわたしとしては新機種のキャンセルも考えたのですが、
近日中にGoogleMAPアプリが登場するということなので機種変更に至りました。

驚くべきことは新機能のLTE機能です。
信じられない通信スピードで受信できてしまいます。
サクサクというよりもシュシュっという感じ、待ち時間が全くありません。
さらにはパノラマ撮影が可能になったカメラ機能やバッテリーの強化などが進化。
4Sに比べて、音楽の音質・画面の色もクリアに感じます。
今日、手にしたばかりなので、まずは使いこなせるようにならなくちゃ・・・!



iPhone5のパロディ動画です。縦長の iPhone、笑っちゃいました(*^m^*)




e0162117_1642119.jpgお土産をいただきました。
BOSS缶のお父さん!
メタリックでカッコイイ☆です!( auはTシャツだそうですが。)
プラチナバンドだからプラチナムなのでしょう。
アンテナが5本!
こういうユーモア、好きです( ̄w ̄) 

by bull_chihoko | 2012-09-21 14:43 | ダイアリー | Comments(0)