<   2013年 01月 ( 32 )   > この月の画像一覧
可愛いシャンプーボトル
e0162117_1237399.jpg
年齢とともに髪も力が無くなるといいますが・・・
自分では髪質も量も数年前とあまり変わっていないように感じています。
仕事でアップスタイルにすることが多いので、わたしは今もロングヘア。
一度短く切ってしまえば、もう伸ばすことは無いでしょうから
このままロングヘアで大丈夫なうちは長くしていようと思っています。
  
先日、ふと目にした可愛らしいボトルデザインと大人っぽい色に惹かれ、
このシャンプー&トリートメントを衝動買いしました。
ラブラボ社の「gift」、さっそく今日の朝風呂から使ってみました。
上質を知るオトナに贈る13の天然薔薇由来成分配合なのだそうです。
しばらくこのシャンプー&トリートメントで美髪をめざしてみます〜。
by bull_chihoko | 2013-01-31 13:50 | 健康・美容・ファッション | Comments(0)
マタギの湯「打当温泉」
e0162117_18193354.jpg
e0162117_18195158.jpg阿仁町の山間にあるマタギの湯「打当温泉」に行ってきました。
前にも何度か訪れていますが、今回はラッキーなことに最初から最後まで女湯を独占。平日の午後からでしたので、とても空いていました。
e0162117_1820730.jpgお湯も温度もとても心地いい和みのある暖かさ。
ゆっくりとしたスペースの内湯を独り占めなんて本当に贅沢なことですね。

e0162117_18202479.jpg露天から見える景色です。
たっぷりすぎるほどの雪。
大地も木も山も真っ白。
見渡す限り建造物が無く自然の風景ばかりなのが、嬉しいです。
e0162117_18393696.jpg隣接しているマタギ資料館にも行ってみました。
マタギ達が使用した珍しい狩りの道具や生活ぶり、衣装などマタギに関する資料が展示されています。
道具一つひとつがとても素晴らしいです。形、存在感、質感、本物を長く大切に使っていたのが伝わってきました。
e0162117_18395456.jpg熊の手で作られたタバコ入。驚きの素材です。命をかけて山に挑むマタギの方の凄みが感じられました。
資料館では厳しいマタギの規律と山の掟を守り、雪深い山奥で生活を営んだマタギの生活の知恵と文化を知ることができました。

by bull_chihoko | 2013-01-30 18:55 | 温泉 | Comments(0)
腕木式信号機が・・・
e0162117_18533855.jpg
日本の鉄道からどんどん姿を消した腕木式信号機。
昨日、訪れた阿仁町で案内標識として現役活躍中でした。
案内文字の「異人館」の時代と共に活躍していたのでしょうか。
そばに設置された真っ赤なポストといい、大正&昭和の雰囲気たっぷり。
昔の物って情緒があって、心が和みます。
しばしノスタルジックな気分に浸りました・・・。
by bull_chihoko | 2013-01-29 19:03 | Comments(0)
奥膳懐石 翠明荘
e0162117_9313099.jpg
築三百年余の重厚で風格のある建築物「奥膳懐石翠明荘」(弘前市)に行ってきました。6月に開催されるフラワーアレンジメント作品展に携わる方々との新年会です。
e0162117_9315453.jpg
和室にテーブルが設えてあるお部屋で、欄間・シャンデリア・など時代を感じさせる素敵な空間です。天井は屋久杉だったり、雪景色の日本庭園など情緒たっぷり。
e0162117_9321187.jpg
先生から作品展のお話をお聞きしました。
お食事になり、写真のお料理の後に揚物・茶碗蒸し・フルーツ・お菓子とお抹茶などと続きました。
お料理は手の込んだものばかりで、とても美味しかったです。
e0162117_18272253.jpg
わたしの目の前の欄間がすごく立派だと思って写しておいたら、横山白汀が作った能面欄間とのこと。
TV「なんでも鑑定団」で、600万円のお値段がついたものだそうです。
e0162117_9322929.jpg
帰り際、女将さんとツーショット。
おもてなしの心が随所に感じられる、とても素晴らしい時間でした。
こちらの奥膳懐石 翠明荘を設定してくださったKei先生に感謝しています。

※ Kei先生がブログで翠明荘を素敵に紹介されています。→ こちら
by bull_chihoko | 2013-01-28 09:34 | 旅・お出かけ | Comments(2)
降った〜!大雪!
e0162117_9155863.jpg
ドカンとやられてしまいました!大雪です。
「こんなに雪はいらないよ!」と空に雪を飛ばして返しているところです(笑)。
e0162117_916932.jpg
枝いっぱいに積もった雪と青空のコントラストが気持ちいいです。
風も全く無かったので、除雪もはかどりました。
e0162117_9164312.jpg
どうぞ、良い日曜日をお過ごしください!
by bull_chihoko | 2013-01-27 09:25 | ダイアリー | Comments(0)
内陸線冬景色
e0162117_10443335.jpg
水墨画の世界のような雪景色

たった一両の青い車両

それでなくても寒々しい風景に

一番寒そうな色の車両が来てしまいました

それゆえに

黙々と走るその姿には

北国の厳しさと力強さがあります
by bull_chihoko | 2013-01-26 11:37 | 鉄道 | Comments(0)
麻木シェフのレストラン  〜こぐま亭
e0162117_10141072.jpg
ウワサの麻木シェフの「馬肉シチュー」(黄金ライス+スープ+サラダ付 1000円)
まるでホテルのレストランでのお食事のようですが・・・、
美味しいと大評判の秋田内陸線阿仁合駅内の「こぐま亭」さんでいただきました。
鉄道ファンの方々からも内陸線の関係者の方々も絶賛の麻木シェフのお料理は、
わたしの想像を遥かに超越していたのでした。

かなり煮込んでお口に入れると程よくとろけていく馬肉、本当に美味しい!
黄金ライスはターメリックを使用しているとのことです。
雪深いローカル線の駅の片隅でこんなに美味しいお食事ができるなんて、感動です。

実は、この美味しさにはエピソードがありました。
麻木シェフは鷹巣町ご出身、調理師学校を卒業後に老舗西洋レストラン「アラスカ」で26年在籍し、東京本店などを経て横浜戸塚店で料理長まで務めた方だったのです。
そして2011年、故郷へ戻り、こぐま亭責任者にご就任。
「地元に愛される料理人をめざし、この地域を代表する名物料理を考えたいです。
誰もが何度も足を運びたくなるような料理を出し続けたい」という情熱が創りだした「馬肉シチュー」だったのです。
かつて阿仁銅山は金銀銅の採掘で栄え、銅の算出が日本一を誇っていました。
その黄金をイメージした黄金ライス、そして阿仁町は馬肉料理も名物だったことから考案された「馬肉シチュー」、絶品。

e0162117_10135781.jpgカレーライス(スープ+サラダ付 500円)です。
カレーも凄く美味しいです。優しくてとっても懐かしいようなお味。隠し味は愛情ではないかと思ってしまうくらい気持ちにぴったりときます。
先日の秋田内陸線のフォーラムでも麻木シェフの出張メニューのハヤシライスをいただいたのですが、過去に食べたハヤシライスの中で一番美味しかったのでした。
e0162117_10133972.jpg
【 こぐま亭 】
阿仁合駅内
営業時間 
午前11:00~午後3:00
0186-82-3666
 
厨房での動作も接客も美しい所作が感じられ、プロ中のプロだと思いました。
麻木シェフのレストラン、往復2時間以上かけてでも満足なお料理です。
一皿一皿全てが誠実で、本当に感動いたしました。
by bull_chihoko | 2013-01-25 17:25 | グルメ | Comments(0)
薔薇のペーパーナイフ
e0162117_14565917.jpg
わたしが普段使っているペーパーナイフです。
封筒などの袋綴じのオープナーとして、一つあると便利です。
ナイフと言っても、先端が尖っているだけで、刃の部分は触っても安全です。
この薔薇のペーパーナイフの材質はピューター、刃が鋭利ではないので、
折り目の形どおり真っ直ぐに紙を切り分けることができます。
ハサミやカッターだと中の便箋ごと切ってしまったり、ゴミが出てしまいますが
ペーパーナイフだと、それをクリアしてくれます。
封を開けたりするのが楽しくなりますよ(*^^*)

e0162117_14571695.jpg昨日、郵便物が届きました。
先日紹介いたしました若杉友子さんの書籍です。
届いた大きな封筒の裏面には手書きで感謝のメッセージが書かれていました。
ほっこり気分で拝見しながら、ペーパーナイフで封を開けました。
ワープロ打ちの事務的な封書が一般的になった今、日本に薄れてきてしまった温かさに触れさせていただきました。

購入した書籍は
「若杉友子の野草料理教室」と
「これを食べれば医者はいらない」の2冊。
食について少し勉強しようと思います。

by bull_chihoko | 2013-01-24 15:00 | 愛しい物・コレクション | Comments(4)
ハッピーバースデー
e0162117_11334888.jpg
今日はハッピーの満9才のお誕生日!
まさに、ハッピー バースデー !! おめでとうハッピー !!

でも、ハッピーの本当の誕生日はわかりません。
生後3ヶ月ほどということで、2004年4月23日に我家へやってきたので
わたしが勝手に憶えやすい123の1月23日をハッピーの誕生日に決めました。
e0162117_11344058.jpg
遠方のペットショップから小包で届いたハッピーは入れられていたプラスチックの虫かごをたくさん齧っていました。
抜け出して生きようとする必死さと生命力が伝わってきました。
わたしは幸せに生きてほしくてハッピーと名づけました。

自然界で生まれたアメリカモモンガは1/3ほどしか生き残れないそうです。
生き延びれたモモンガの平均寿命は3年と言われています。
飼育下での平均寿命は5〜6年ですから、ハッピーはとても長生きしてくれています。
もう10年目を迎えたことになりますから人間で言えば 90才くらいでしょうか。
わずか50gほどの小さな体が10年目を迎えたことは大きな驚きであり喜びです。
動きは全盛期に比べて鈍くなっていますが、体の色艶はとても良いです。
全部のモモンガの中でも一番声が澄んでいて、小鳥の美しい囀りのように鳴きます。
e0162117_11351180.jpg
ハッピーはまるで忠犬ハチ公のように毎晩同じ場所でわたしを待っています。
バスルームの一番高台でじっと待っています。
あまりにもじれったくなると、早く来てとばかりにわたしを呼んだりします。
餌場に大好きなクルミがあっても行かずに、わたしが手渡しするのを待っています。
そうやって愛情を確認しているようです。それが長生きの秘訣なのでしょう。
ハッピーの残された命が幸せでありますように。

実は、本当はわたしのほうがハッピーにいっぱい癒されている幸せな毎日なのです。
ハッピーの聖らかで真っすぐな瞳に感謝の気持ちでいっぱいです。



※一番上の写真は3日前のハッピーです。
夜行性のため写真はなかなか撮れず、ハッピーの写真はこの3枚のみです。
若かりし頃のハッピーとわたしと戯れている思い出の写真を載せました。
by bull_chihoko | 2013-01-23 11:44 | ペット・動物 | Comments(0)
お餅大好き!
e0162117_15265044.jpg
お餅と言えばお正月ですが、お餅が大好きなので
今でも薪ストーブの上でお餅を焼いてよく食べています。
e0162117_1527331.jpg
中でも特に好きなのは、おしるこです。こんがり焼いたおこげ美味しいです。
自分で作った出来たてアツアツの柔らかいお餅で食べるおしるこも美味。
e0162117_15272515.jpg
餡こを包んだり、いちご大福にしたり、楽しみながら作ってパクリ。
その昔、お餅は神聖な力が宿る食べ物と考えられていたそうです。
ということは、わたしの体内にはたくさんの神力が宿っているかも(笑)。
大寒を過ぎたとは言え、まだまだ寒い雪国。
まだしばらく餅三昧は続きそうです・・・。
by bull_chihoko | 2013-01-22 15:53 | グルメ | Comments(0)