<   2013年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧
蓮の花いろいろ
e0162117_18215114.jpg
早朝の蓮が優しく花開きました。
e0162117_18402734.jpg
清楚なピンク色を眺めていると幸せな気持ちになります。
e0162117_1822251.jpg
花びら一枚一枚の曲線に包みこむような愛を感じて。
e0162117_18404577.jpg
蓮池は鴨にとっても憩いの水辺。
e0162117_18412841.jpg
蜂も甘い香りに誘われてやって来ました。
e0162117_18415065.jpg
聖なる花にふさわしい清らかさ。心が洗われていくようです。
e0162117_18223785.jpg
真っ直ぐ天を仰いで潔く咲いています。
その命は儚くも美しく、気高さが漂っていました。
by bull_chihoko | 2013-07-31 18:41 | 自然 | Comments(0)
早起きして蓮池に行って来ました
e0162117_16311710.jpg
早朝に蕾が開くとき、甘い芳香を放つという蓮の花。
その香りはどんなふうなのか、
今朝早起きして早朝の蓮に会いに行ってきました。

夏の陽が昇る時刻を知っているかのように、夜明けとともにゆっくりと花びらを開く蓮の花。
それはそれは、優しく上品で瑞々しい香りでした。
その香りに包まれると、心が自然に穏やかになっていくのを感じました。
by bull_chihoko | 2013-07-30 16:30 | 旅・お出かけ | Comments(0)
歩兵32連隊
e0162117_181901.jpg
e0162117_17443858.jpg
ネットで「日本兵の全身骨発見 」というニュースを見つけました。
沖縄県の浦添市の道路拡張現場から沖縄戦当時の日本軍兵士の遺骨が1体発見され、「田畑」と彫られた印鑑、水筒や財布などの所持品も見つかったそうです。
発見された周辺は沖縄戦当時歩兵32連隊が配備され、山形県や北海道出身者が所属。
今後、沖縄戦に参加した山形、北海道出身者から該当者を探すとのことでした。

先日、まさにその当時を描いた宮崎駿監督の映画「風立ちぬ」を観たばかりでしたので、とても気持ちに残り、「歩兵32連隊」を調べました。

日本の敗色が濃厚となっていた昭和20年3月、米軍は54万人の兵力と最新鋭の兵器で沖縄への上陸作戦を開始した中、日本本土を守るため米軍の戦力を消耗させる目的で投入されたのが歩兵32連隊でした。
凄惨な戦いが繰り広げられた沖縄戦の最前線で戦った部隊で、山形県、北海道、沖縄県の出身者で編成され、およそ3000人が投入。
5ヶ月にわたる過酷な戦いの中で、将兵の9割が戦死。
戦火の中、食料も無く兵士の体重も30kgほどに痩せ細ってギリギリ生きていたとのこと。全員死ぬからという判断で、個人識別用に使用される認識票も必要無しということだったそうです。
陸軍歩兵第32連隊は、元々は1896年に秋田に連隊本部が設置され、日露戦争後に山形へ転営された部隊だったということも知りました。

現在、憲法9条や徴兵制問題、オスプレイ配備問題などが取り上げられ、日本も近い将来に戦争へ向かうのではないかと思うことがあります。
わたしは今回発見された遺骨の兵士は現代に気づきを与えているように感じました。
「戦争を繰り返してはいけない」と。
DNA鑑定で、故郷のご親族の元へもどられますように、お祈りいたします。

この機会に、ぜひこちらの動画をご覧になっていただきたいと思います。
[証言記録 兵士たちの戦争]
沖縄戦 住民を巻き込んだ悲劇の戦場 ~山形県・歩兵第32連隊

by bull_chihoko | 2013-07-29 17:46 | ダイアリー | Comments(2)
カナカナの鳴く夕暮れ
今日の夕暮れです。
雨の合間、柔らかな色彩の夕空にカナカナの声が響き渡りました。
儚くも美しい声。
霧が立ちこめる森は、カナカナが鳴くといっそう瑞々しく
豊かな時を刻んでいるようでした。


自宅にて撮影
by bull_chihoko | 2013-07-28 19:13 | 自然 | Comments(0)
蓮の花の不思議
e0162117_16573933.jpg
蓮池を見て来ました。
近くには蓮の名所が無いので、青森県平川市の猿賀神社の蓮池を訪れました。

蓮を間近で見たのは今回が初めて。
そして、蓮の持つ神秘の虜になりました。
今まで蓮について全く無知でした。

蓮の花の不思議を感じたのは今から数年前に知った「大賀ハス」がきっかけでした。
2000年以上前の弥生時代の古代の蓮の実から発芽・開花したということを知り、そんな不思議なことが起る奇跡に本当に驚きました。
蓮は悠久の時を超越するというばかりではなく数々の不思議がぎっしりなのです。
もっとその不思議を知りたくなり、少し調べました。
e0162117_17545530.jpg
蓮は花を咲かせる時、自ら熱を発するという植物の世界でも実に不思議な仕掛けを持っているのです。
蓮の花の蕾の中の温度は私たちの体温と同じくらいの35〜36度前後もあり、外気の温度の変化に応じて上げたり下げたりして蕾の中の温度を一定になるように調整しているのだそうです。
そして開花と同時に素敵な香りを周りに放つのです。
e0162117_19232396.jpg
花の見頃は早朝7時ころ、午後にはまた蕾になってしまいます。
そして、4日で花の命は終わります。
まだまだ不思議なメカニズム、神秘性が未知数で、とても書ききれません。
今回は午前中でも遅い時間帯に訪れましたので、
いつか早朝の眩しい蓮の花に会いに行きたいと思いました。
e0162117_16582192.jpg

by bull_chihoko | 2013-07-27 17:46 | 自然 | Comments(2)
風立ちぬ
e0162117_1733268.jpg
宮崎駿監督最新作「風立ちぬ」を本日鑑賞してきました。
観ようと思ったきっかけは、なぜ宮崎監督が1930年代の日本を描いたのかという問いに「また同じ時代が来たからですよ」と言われたからです。

大正から昭和前期の1930年代の日本は美しくも貧しい国。
「風立ちねぬ、いざ生きめやも」
戦争へと向かう時代の風の中、限られた「生」を何を心に抱いて生きるのか・・・。
わたしたちも大震災に何が一番大切なのかが見えた思いでした。
零戦でもなく、戦争でもなく、
その部分を描いた映画だと感じました。
by bull_chihoko | 2013-07-26 18:22 | 映画の感想 | Comments(0)
福島原発で異変
e0162117_18123240.jpg
今日のブログで原発関連を取り上げることに躊躇しましたが、あまりにも日本での報道に危機感が無いので、ブログをご覧くださっている皆さまに知っておいていただきたく、記事にすることにしました。

今、福島原発では異変が起きています。
昨日、福島第一原発3号機の原子炉建屋で湯気が発生している問題で、周囲の放射線量が、国が定める年間の被ばく量の限度の約2000倍にあたる2000ミリシーベルトを超える高い値であることがわかりました。
2000ミリシーベルト/hの放射線量の場所に人が数時間いると確実に死亡する線量、それがダダ漏れの深刻な状態です。
東京電力は24日、福島第1原発3号機の原子炉建屋5階部分で午前4時ごろ、湯気のようなものが再び出ているのを監視カメラで確認したと発表、5階の中央付近で格納容器のほぼ真上に当たり、18、23両日に湯気が出た場所と同じで3度目です。
今、「冷温停止状態」にあるという政府の見解通りならば、原子炉内の冷却水は沸点を十分に下回ることになり、湯気の発生はありえません。
イギリスBBCテレビではトップニュースでこの福島原発の湯気のようなものの危険性を取り上げたそうです。

23日、東京電力が初めて、福島第一原子力発電所の汚染水が海に流出している可能性を認めました。 選挙前の7/15日の海の日に震災後初の3年ぶりの海開きで子どもたちに海で遊ばせた直後の発表です。ひどいです。
さらに、高濃度の気体発生・汚染水の海への流出など選挙後にはどんどん汚染のひどさが明るみに出て来ています。
また、今月19日には東京電力が、原発事故の収拾にあたった約2千人の作業員に甲状腺癌の危険が見つかった、と公表しました。これは福島原発の事故現場で作業にかかわった全作業員数の約10%にあたります。
チェルノブイリ原発事故で子どもの被害が最も著しかったベラルーシのゴメリ地区と、福島の子どもの被害が同レベルもしくはそれ以上になるであろうということも日本のテレビからは伝わって来ない現実。

東電や日本政府から真実は伝わってきません。
日本のテレビはなかなか本当のことを報道してくれません。
震災直後の3/14の爆発や大量被爆した3/15のSPEEDI放射線量の数値も隠されていました。
海外メディアからの情報の方が信頼性があるなんてこんな日本でいいのでしょうか。
今は自分で調べて人類史上最悪の原発事故に対処しなければいけません。


日本のテレビでは放送されなかった福島原発の爆発の様子[ 2011年]

by bull_chihoko | 2013-07-25 18:12 | 原発震災関連 | Comments(0)
キャラメルコーン
e0162117_1834466.jpg
先日、見つけたキャラメルコーン♪
スナックの大きさが通常の約3倍になった「でっかい!キャラメルコーン3倍」
人気マンガ家さんによるイラストバージョンを、エリア限定で発売しているそう。
「巨人の星」の川崎のぼるさん、「キン肉マン」のゆでたまごさん、「あしたのジョー」のちばてつやさんによる“濃厚”な絵がパッケージを彩っています。
楽しいシリーズですね!

「川崎のぼる でっかい!キャラメルコーン3倍・チョコレート味」 
「ゆでたまご でっかい!キャラメルコーン3倍・たまごプリン味」
「ちばてつや でっかい!キャラメルコーン3倍・アップル味」
 
by bull_chihoko | 2013-07-24 18:41 | ダイアリー | Comments(0)
長い爪
e0162117_1838196.jpg
写真はわたしの左手です。
このくらい爪を伸ばしたのは数年ぶりです。きっと、今は健康なのだと思います。
健康な状態でないと、二枚爪になったりしてなかなか伸び揃うことが難しいです。
 
人の手の爪はだいだい3ヶ月で生え変わるそうです。
しかし、年齢とともに伸びるのが遅くなるということです。
実は、今年のお正月過ぎに左中指に深い火傷をしてしまいました。
火傷のダメージで中指の爪だけ伸びず、横に一本の溝ができました。
その溝が印しになって、伸び具合がわかりました。
やはり、ちょっと伸びるのが遅くなったみたいです。

以前、大震災翌月の記事で震災後にマニキュアをする気になれないと書きましたが、
震災後一年間はマニキュアをしないと決め、実行しました。
今でもあまり華やかにしすぎないような色を心がけています。

爪を長く伸ばしてみて感じたことは、見た目には指が長く見えていいのですが、細かい作業や力仕事がしにくい、キーボードが打ちづらい、などデメリットが多いです。
このくらい伸ばすことはもう無いかもしれません。
なので、記念に撮った一枚です。


【 関連記事 】
「爪は健康のバロメーター」は → こちら
by bull_chihoko | 2013-07-23 18:39 | 健康・美容・ファッション | Comments(0)
きっと、うまくいく
e0162117_148785.jpg
少し前から気になっていたインド映画「きっとうまくいく」
3時間ちかくもある長いインド映画観るのを、わざわざ遠くの映画館まで観に行くのをちょっと躊躇していたわたしでした。
でも、あまりにもYahooの採点が高評価でしたので、ついに、昨日青森県つがる市のシネマヴィレッジ8・イオン柏まで行ってきました。

結果!観終わって、大満足でした。この映画は、観て大正解!
脚本力、伏線の貼り方・回収の仕方がとにかく素晴らしいですし、ダンスや音楽も楽しめます。
笑って泣いて、観終わったら「きっと、うまくいく」と爽快な気分になります。
恐るべし、インド映画!
ぜひ、劇場でご覧になっていただきたいです。超オススメの傑作です!
by bull_chihoko | 2013-07-22 14:43 | 映画の感想 | Comments(0)