<   2015年 01月 ( 18 )   > この月の画像一覧
たまたま
e0162117_16172448.jpg
南の国宮崎県より思いがけない贈り物をお届けいただきました。
完熟きんかん「たまたま」です!
フレッシュさと美味しそうな香りが漂い、思わず丸ごと口に頬張りました。
なんて、ジューシーで香り高いのでしょう!!!
体の中で眠っていた細胞が目覚めていくような、リアル新鮮な美味しさ。
美容と健康にとってもいい感じです〜!

e0162117_16174687.jpg
今日の寒くてグレーな空を吹き飛ばしてくれそうなビタミンカラー。
「たまたま」のネーミングも愛嬌があってほっこりしました。
きんかん生産量全国一を誇る宮崎県のブランドきんかんなのでそうで、
通常のものよりも大きくて とても糖度が高かったです。→ こちら
小包には北国の雪を気遣うメッセージが添えられ、
心温まる贈り物に本当に嬉しくなりました。
人と人のつながりって凄くありがたくて幸せなことだなと実感しました。
by bull_chihoko | 2015-01-30 16:13 | グルメ | Comments(0)
ナディアふたたび
e0162117_10585464.jpg

当店Bullに 本日よりナディアちゃん5ヶ月ぶりにカムバックです。

どうぞよろしくお願いいたします。
by bull_chihoko | 2015-01-28 18:27 | ダイアリー | Comments(0)
アメリカ製大型ランプ
e0162117_17315573.jpg
ラスター光彩を放つヴィンテージのアメリカ製の大型ペンダントランプ。
デザインと存在感に惹かれ数年前に購入しつつも、
約80cmであまりにも大きすぎて飾る場所がみつからないままでした。
先月箱から取り出してみて、ふと思いつきました。
e0162117_17331213.jpg
吊り下げ式の大型ランプをひっくり返してスタンドに乗せてみました。
するとこれはこれで思いの外 雰囲気がいいのでした。
螺旋階段のディスプレースペースに置いて光の演出にしています。
もしもの地震に備えて、アンカー止めもしてあります。
e0162117_17323870.jpg
1950年代ならではの独特なフォルム、滑らかさ。
写真では伝わらない魅力的なディテール。
壁に映り込む複雑な光も昔ながらの趣があります。
こちらのランプも大館のダリーズ&コーさんから。
このひっくり返したアイディア、褒めていただきました。
アンティークやヴィンテージを自分なりにアレンジして使うのは楽しいです。






by bull_chihoko | 2015-01-26 17:50 | 愛しい家 | Comments(0)
アメリカ製キャビネット
e0162117_12414374.jpg
わが家のキッチン&ダイニングにとっても夢見心地な空間が生まれました。
優しいクリーム色の 古き良き時代のアメリカ製キャビネットがやってきました。
鏡に映ったキャビネット、ドキッとするほど美しいです。
e0162117_12431276.jpg
今から70年ほど昔のアメリカ製ヴィンテージです。
色合い、細やかなディテール、取っ手、全てが素敵です。
e0162117_12433569.jpg
大皿のディナープレートもゆったりと収納できました。
直径40cmまで大丈夫。さすがアメリカンサイズ。収納力抜群です。
e0162117_12532711.jpg
今までは定位置が決まっていなかったアンティークたち。
フランス製・イギリス製・ドイツ製で出身国はそれぞれですが
アメリが製のキャビネットに集まってとても良く調和しています。
時代感が作り出す空間、うっとりと見惚れてしまいます。
( 先日紹介の驚きの長寿のお花、55日経過の本日も元気に健在です。)
e0162117_12425434.jpg
キッチンにある冷蔵庫やガスコンロなどを目隠ししてくれます。
まるで前々からそこにあったかのようにわが家に馴染んでいるようです。

わたしの理想以上に素敵なこのキャビネット、なんと大館で見つけたものです。
以前にも紹介したダリース&コーさんからです。
お店に並べられた直後にわたしが訪れて一目惚れしたという奇跡的な出合いでした。
少しタイミングがずれていたら、この存在はありませんでした。

配達日、ちょうど訪れた母と午後から一緒に配置して食器類を並べました。
母も「これ以上無いくらいここにぴったりなキャビネット。この空間を眺めているだけで幸せな気持ちになるね。」と絶賛。
美しくも丈夫で安定感がある時代物は家具職人さんの愛情さえ感じます。
このキャビネットと暮らすことができ、本当に有難いと思っています。




☆ダリース&コーさんのブログで 紹介していただいてます。 → こちら
( 上から3枚までわが家で撮影された写真です。)
by bull_chihoko | 2015-01-24 13:50 | 愛しい家 | Comments(0)
真っ白な帽子
e0162117_18243265.jpg
寒さに強いのん。雪遊びが大好き。
庭の雪に頭を突っ込んだかと思ったら
真っ白い帽子をかぶって カメラ目線。
by bull_chihoko | 2015-01-21 18:30 | 柴犬のんちゃん | Comments(0)
ピンクのソファの蘇り
e0162117_18333860.jpg
最近、家の中のインテリアに凝りだしています。
先日、色褪せたピンクのソファを元通りの色に蘇らせることに成功しました。
10年以上前に購入してから一度もメンテナンスしたことが無く、
年々色褪せてしまって、あまりにもかわいそうでした。
e0162117_1833064.jpg
実は今まで何度か革用のピンク色のクリームが探していたのですが、
全く見つかりませんでした。
そして、運良く今回見つけたフランス製の本革用の靴クリーム「SAPHIR」
ピンク系を2色購入し、自分でソファの色合いに調合してみました。
e0162117_18331864.jpg
左のソファが色褪せたてしまったメンテナンス前の状態です。
肘掛も背もたれも日が当たる部分は白っぽく褪色していました。
そして右が「SAPHIR」を塗って、柔らかい布で軽く拭いたメンテナンス後。
左と右とでは椅子でも見た感じ健康と病気のようなの差が歴然。
e0162117_1832398.jpg
「SAPHIR」だけでもかなりの艶が出ましたが、さらにワックス仕上げ。
期待していた何倍も見事に蘇りました。
まるで このソファを買ったばかりの頃にタイムスリップしたような感覚に…。
本来の綺麗なピンク色に戻って、ソファも嬉しそうです。
色のバリエーションも豊富で、使いやすかった「SAPHIR」、オススメです!






by bull_chihoko | 2015-01-20 18:34 | 愛しい家 | Comments(0)
今年の大館は大雪
e0162117_18272994.jpg
大雪になってしまった今年の大館。
大館市内は除雪に追われる毎日が続いています。
雪かきもおもてなしの一つと考え、お店の前はわたしがしていますが、
今年はすでに両サイド山盛り状態です。
今冬はアスファルトに圧雪した高さも過去20年間にはないほどの高さです。
雪かきしたところだけわずかにアスファルトが見えていますが、
道路の圧雪した雪はアスファルトより30cm高い階段下のホールと一緒です。
まだまだ冬のうちは積もるのでしょうね。
by bull_chihoko | 2015-01-19 18:33 | ダイアリー | Comments(0)
のんが見つけたリス!
e0162117_1172691.jpg
ここに暮らして18年。冬季、初めてリビングから野生のリスを目撃しました!
愛犬のんが喉を鳴らし何かを発見したことを知ってその目線を追うと
そこには雪の上を動くリスがいたのでした。
毎年雪に残した足跡は見つけて冬でも居ることは知っていたのですが、
動く現場を目撃したのは初めてです。
口いっぱいに何かを加えて走っていてとても可愛らしかったです。
小さな命が厳冬でも懸命に生きている姿にパワーをもらいました。

それにしても二重サッシで一切外の匂いがしないのに
リスを見つける のんの探知能力はすごいと思いました。
e0162117_117472.jpg

by bull_chihoko | 2015-01-17 11:23 | 愛しい家 | Comments(0)
驚きの長寿の花
e0162117_1238893.jpg
わが家のダイニングテーブルに咲き続けている驚きの長寿の花。
切り花なのになんと!今日で47日目なんです。
昨年12/1にお店の21周年の記念日にいただいたアレンジメントにあったお花。
花びらがずっと元気なままで、これから蕾も咲きそうです。
一見、白バラのようですが、トルコキキョウの種類だと思います。
華奢なトルコキキョウがこれほど花持ちが長いとは、奇跡なのかも...。
e0162117_12382937.jpg
先日の母のお誕生日を祝う会でも
母にも長生きしてほしいので、この長寿のお花を飾りながらお祝いしました。
その話をしたら、母もとっても喜んでくれました。
フレッシュな買いたてのお花はどこにでもありますが、
47日も元気に咲き続ける切り花は大変稀だと思います。
ずっと綺麗な姿でいてくれてありがたいです。
by bull_chihoko | 2015-01-16 13:10 | ガーデニング | Comments(0)
2015 紫陽花のその後
e0162117_1730506.jpg
昨日お届けした「アグラオネマニティドゥムカーティシー」蘇生ミッション。
そもそもの発端が、今年の紫陽花のこの新芽。
かなり弱っていた紫陽花を庭で育てて、咲いた花を切って家の中に飾ったら
三週間も咲き続けてくれました。→ こちら
終わった花の枝をダメ元で土に挿したらラッキーなことに育ちました。→ こちら
昨年はたくさんの葉っぱを増やしました。
お正月帰省していた長男にその話をしたら、
ならば「ウチのアグラオネマニティドゥムカーティシーも蘇らせてほしい」
という流れになったのでした。
わが家では特殊なお水ディレカを使っているので、切り花も長持ちします。
瀕死の植物を捨てるのは簡単なこと。
ギリギリでも命あるうちは大切にしてあげたいと思って育てています。
e0162117_1731910.jpg

by bull_chihoko | 2015-01-14 17:53 | ガーデニング | Comments(0)