<   2015年 04月 ( 19 )   > この月の画像一覧
幸せの黄色い菜の花畑
e0162117_17450100.jpg
大潟村菜の花ロードは今真っ盛り。
雲ひとつない快晴の昨日、のんを連れて行ってきました。
桜はもう終わりですが、咲いているスポットを見つけてのんの笑顔をキャッチ!
e0162117_1715169.jpg
サンルーラル大潟に隣接されている菜の花畑も最高の見頃です。
幸せの黄色い菜の花畑。
e0162117_1751980.jpg
菜の花まつりの期間はミニSLも運行されています。
嬉しいことにペット連れでもOKでしたので、のんと一緒に乗車しました!
e0162117_17165523.jpg
タレント犬並みにモデルをこなすのん、カメラに向かってスマイルです。
ギャラリーにも「わあ!ワンちゃんが乗ってる〜!」と大ウケ!
たくさんの方の被写体になっていました。
真っ黄色の菜の花畑、のんもきっと幸せ気分だったにちがいありません。
by bull_chihoko | 2015-04-30 17:17 | 旅・お出かけ | Comments(0)
Art de Vivre ( アール ド ヴィーヴル )
e0162117_21302688.jpg
今日の日曜日、とても楽しく有意義な時間を過ごさせていただきました。
わたしの住む大館で おもてなしの心とテーブルコーディネートのセミナー&ティーパーティー「Art de Vivre  アール ド ヴィーヴル」が開催されました。
e0162117_21304873.jpg
講師は食空間プロデューサーの丸山洋子氏。日本を代表するテーブルコーディネーターで、日本パーティープランナー協会会長さんです。
有名ホテルの空間プロデュース、ブライダル、パーティーのテーブルコーディネート、東京と神戸に養成スクールも開校されていらっしゃいます。
エレガントで心配りと笑顔が素敵な女性です。
ご縁があって、大館でお会いすることができ大変光栄です。

セミナーでは最前列でメモを取りながら拝聴しました。
フランスではとても大切にされている「Art de Vivre (アール ド ヴィーヴル)」
意味は日常を自分らしいこだわりで美しく暮らすことだそうです。
自宅に人を招くということは最高のおもてなしで、
素晴らしいおもてなしは孫の代まで言い伝えられるのだそうです。
大切な人との関わりは絆を深め、信頼と親愛をもたらします。
自分らしいこだわりで日常をそして人生を心豊かに生きることの大切さをお話ししていただきました。
e0162117_21314363.jpg
春の爽やかなグリーンカラーのテーブル。
わたしの好きなアンティークリネンレースのクロスが優しくて華やかな印象でした。
グリーンの補色のオレンジをアクセントにした季節感あふれるコーディネート。
お庭やガーデンで、こんなおもてなし・・・最高ですね。
e0162117_21322548.jpg
会場に設えられた目を引くテーブルコーディネート。
ゴージャスなゴールドの色使いに圧倒されます。
大館市内在住のアーマット可奈子さんの作品「ティータイム in ドバイ」。
なんと!ご主人がドバイの方でドバイの優雅なティータイムを再現されています。
食器類はもちろん、お菓子からクロスまでドバイで調達されたもの。
ドバイ式のティーの頂き方も教えていただきました。
大館からドバイに年に何度も行かれるとお聞きし、そういう方が大館にいらっしゃることにとても驚きました。
e0162117_21325480.jpg
こちらは丸山洋子氏のお嬢様の鈴木由里さんの作品です。
以前、ある大館のイベントでこの方のテーブルに驚いたことがありました。
大館でこんなにレベル高いのテーブルを拝見できるなんて、本当に感激しました。
ご縁あって神戸から嫁がれて、大館に新風を吹き込んでくださったと以前当ブログでも紹介させていただいた方です。
今回は地元大館の曲げわっぱや秋田の樺細工の工芸品を使って桜の季節ならではの和風な感覚を取り入れたテーブルコーディネートです。
大館に暮らし、大館の素晴らしい工芸品を見出し生かしたコーディネート。
大館工芸社の社長さんをご紹介し、社長さんのトークも交え、地域活性化に貢献されている女性らしい心配りはなかなかできることではないと感心いたしました。

お楽しみのティーパーティーではとても美味しいドイツのダルマイヤーティーと神戸スイーツをご馳走になりました。
立食でのマナーと立ち振る舞い方も教えていただきました。
おかげさまでさっそく新しい出逢いに恵まれ、今後楽しみな展開になりそうです。
人とふれあうことが人生を豊かにすると、本当にその言葉を実践できた価値あるセミナー&ティーパーティーでした。
今日の出逢いに心から感謝いたします。


【 関連記事 】
「Yuri Suzuki さんのテーブルデコレーション」は → こちら
by bull_chihoko | 2015-04-26 22:19 | フラワーアレンジメント | Comments(0)
桜満開の弘前城でお花見
e0162117_1839198.jpg
弘前城の桜情報で満開とお聞きし、朝5時過ぎに家を出て早朝花見をしました。
e0162117_18394683.jpg
のんにも桜を見せたかったので、人のいない時間帯にお花見です。
公園内は犬を連れて歩くのは禁止されているので、ずっと抱っこです。
のんは普段よりも見晴らしが良くて、嬉しそうでした。
e0162117_18403146.jpg
弘前城は2007年からの弘前市の調査で、天守閣の石垣が東に約1メートル張り出していることが判明。崩落の恐れがあるため、約100年ぶりとなる大規模修理を実施することを決めたそうです。
e0162117_18405332.jpg
今年秋から石垣の修復工事を始め、内堀を埋めて天守閣も移動させるため、今期以降、有名スポットの弘前城と桜のロケーションは完成予定の10年後までお預けになるとのことです。
e0162117_18411162.jpg
その埋め立てられた内堀へ桜まつり期間中限定で観光客が立ち入ることができるので、例年では撮れないお堀の中からのアングルでいろいろ撮影できました。
e0162117_19155557.jpg
天然の石でこの緩やかなカーブを積み上げる技術力って凄いと感じました。
傍で見るほどにその緻密さと壮大さに圧倒され、昔の人って本当に尊いです。
e0162117_18413635.jpg
春爛漫!のんもきっと桜の香りと景色を心に留めたことでしょう。
by bull_chihoko | 2015-04-25 19:03 | 旅・お出かけ | Comments(0)
桜と水芭蕉の咲くころ
e0162117_13105853.jpg
雲ひとつない麗らかな日。
北欧の杜公園のオオヤマザクラが満開を迎えました。
水芭蕉も見頃です。
by bull_chihoko | 2015-04-23 13:15 | 旅・お出かけ | Comments(0)
桜の花に包まれて
e0162117_1858252.jpg
大館は今月14日に桜の開花宣言が出され、あちらこちらで桜が咲いています。
今朝の長木川の堤防は咲きそろったばかりの桜並木が見事でした。
遠くに靄(もや)がかすんで、鳳凰山が島のように見えて幻想的でした。
e0162117_18585131.jpg
今日は父の13回忌の法要でした。
桜のきれいな季節、自分の誕生日が命日の父
命日よりも一足早かったのですが、お寺の桜も見頃を迎えていました。
12年前も見事だった長木川の桜並木を、今日は往復とも車で母と一緒に通りながら
つくづく桜を愛でつつ父の思い出話ができる有り難さを話しました。
e0162117_1859355.jpg
いつも遅咲きのわが家の桜もようやく咲き始めました。
咲いた花を見つけて、さっそく蝶やハチが飛んできています。
桜の開花を待ち望んでいたのは、人ばかりではないことにハッとした思いでした。
ここ数日心地よい桜日和が続きそうです。
by bull_chihoko | 2015-04-22 18:57 | ダイアリー | Comments(2)
菜の花ロードのお花見
e0162117_11172052.jpg
日曜日は大潟村に、愛犬のんを連れてルアーコーシング練習会に行きました。
ちょうどお花見できそうでしたので、練習の合間に菜の花ロードへ。
ここ数日で一気に桜が開花したようで、見頃を迎えていました。
e0162117_1117523.jpg
桜も菜の花も8分咲きほど。これくらいの咲き具合が一番好きです。
e0162117_11181733.jpg
4/25〜5/6まで「桜と菜の花まつり」が開催されますが、
GWではもう遅いはず。菜の花ロードは今週いっぱいが見頃だと思います。



【 関連記事 】

2012年の「桜と菜の花ロード」の写真は → こちら
2013年の「桜と菜の花ロード」の写真は → こちら
by bull_chihoko | 2015-04-21 11:30 | 旅・お出かけ | Comments(0)
千秋公園で のんと観桜散歩
e0162117_17562977.jpg
秋田市を訪れ、フジコ・ヘミングピアノリサイタル前に
すぐそばの千秋公園の桜を眺めながら歩いてみました。
ちょうど見頃を迎えた園内は桜の良い香りが漂っていました。
e0162117_17565635.jpg
のん、久保田城前でビシッとポージを決めてくれました。
e0162117_17593428.jpg
公園内は犬もリード付きならお散歩できるのですね。
今、犬連れで入園できる公園が少なくなってきているので嬉しかったです。
人が混み合う前の時間帯で、のんびり過ごすことができました。
by bull_chihoko | 2015-04-20 18:11 | 旅・お出かけ | Comments(2)
イングリット・フジコ・ヘミング ソロピアノリサイタル 2015
e0162117_21282994.jpg
イングリット・フジコ・ヘミング ソロピアノリサイタル 2015 秋田公演へ.。

昨日の公演は午後2時から。
心踊り早くでかけてリサイタル4時間前に会場の秋田県民会館へ到着。
早く到着したおかげで、予期せぬ幸運が訪れました!
お堀前の歩道で、なんと!横断歩道を渡って歩いてきたフジコ・ヘミングさんにいきなり遭遇したのです。
「フジコさん、こんにちは。」
わたしは自分でも驚くほど自然な笑顔で挨拶とお辞儀をしました。
間近でお会いして、フジコさんの目とわたしの目を合わせることができたことは本当に嬉しかったです。
フジコさんは独特のファッションとオーラを身に纏い、存在感に満ちあふれていました。
桜満開のお堀での大変光栄な瞬間に感激しました。
 

e0162117_21285220.jpg
クラシックはそれほど聴かないのに、フジコ・ヘミングさんだけは別格。
機会があればぜひ聴きたいわたしにとって特別な音楽家です。
ネット予約して座席指定はできなかったのに、運よく良い席で聴くことができました。
6年前にフジコヘミングさんのコンサートを聴いたときは訳もなく涙があふれて
今までに感じたことのない感動を体験することができました。→ こちら
昨日はフジコヘミングさんはその6年前より更に極みに到達していて
それぞれの曲の解釈の奥深さと信じられない表現力にただただ驚くばかり。
e0162117_212912100.jpg
そこは人が奏でる世界ではなく神からの慈しみの音、
すなわち神の領域だと感じました。
by bull_chihoko | 2015-04-19 21:37 | Comments(0)
変身したアイビー
e0162117_16112887.jpg
命があるうちはなかなか捨てられないわたしの性格。
フラワーアレンジのアイビーを水に挿し、根を出して鉢植えにしています。
今回はダークな色合いのチョコレート色のアイビーでしたから
バリエーションが増えると思っていたら・・・
出てきた新しい葉っぱがきれいな緑色でビックリ!
e0162117_1612179.jpg
不思議に思ってい水を見てみたら、なんと!
水も根もピンク色をしていたのです。
最近、ピンク色話題がずっと続いていますが、またまた今日もそんな感じ。
e0162117_16122363.jpg
結局ダークな色合いのアイビーは染色されていたんです。
自然色ではなくて人工的に加工されていたということです。
人間の都合でチョコレート色にされていて、ちょっと可哀想になりました。
今、こうして本来の色を取り戻して嬉しそうな顔をのぞかせているように見えます。
もうじき土に植えてあげるから、本来の緑色で元気に育ってね。
by bull_chihoko | 2015-04-17 16:29 | ガーデニング | Comments(0)
紫陽花の命にまつわる物語
e0162117_1050494.jpg
捨てられていたはずの命が、こうして生き生きと美しく咲いています。
「命をつないでくれて ありがとう」と言っているみたい。
リビングで、わたしが初めて鉢に咲かせた紫陽花です。

今日はこの命が花開くまでのストーリーを紹介いたします。

e0162117_10595060.jpg
今から16年前の1999年に一目惚れして購入した西洋紫陽花ハイドランジアの鉢。
夢のような優しい色合いでした。
その頃はまだガーデニングの知識に乏しく
花後は半日陰に植えるといいということで山の北側に植えてしまいました。
何年待っても元気に育たず、8年後の2007年に日当たりのいい花壇に移植し、
その成果があって 2年後の2009年にようやく花をつけてくれました。
水まきや草取りをしたり、虫が付いていないかチェックしたりお世話して
この花が咲いた時の喜びといったら!嬉しくてたまりませんでした。
e0162117_1101232.jpg
3年後の2012年にはたくさんの紫陽花が咲くまでに成長してくれました。
e0162117_1103363.jpg
2013年、初めて鋏を入れ切り花にして家の中に飾りました。
10数年ぶりにお部屋で咲く紫陽花を眺めていてわたしは感無量でした。
e0162117_1105379.jpg
紫陽花も居心地が良かったのか、色を変えながら3週間以上咲き続けてくれ、
「もしも命がつなげれるなら」と願いを込め、花後に鉢に挿し木しました。
e0162117_111214.jpg
そうしたら、幸運なことに順調に育ってくれたのです。
写真は昨年2014年1月。でも最初の年には花を咲かせずに終わりました。
e0162117_1115274.jpg
そして今年1月、小さな命が芽吹きました。
e0162117_1134752.jpg
3月、外は吹雪なのに紫陽花に待望の花のつぼみが出ています。
どうか、このまま順調に育ってと願わずにはいられませんでした。
e0162117_10511411.jpg
そして咲いてくれた幸せ色の紫陽花。
どんな色合いに咲いてくれるか楽しみにしていたらロマンティックなピンク色に!
e0162117_10513635.jpg
どんな命でも心があるように思います。
捨てられるはずの命が輝いていて、それを眺めていて幸せを感じれるのです。
まだ他にもつぼみをつけていますから、この幸せ感はしばらく続きそうです。
by bull_chihoko | 2015-04-16 12:15 | ガーデニング | Comments(0)