じゃんけん
今日は「じゃんけん」についてです。
「グー・チョキ・パー」でおなじみのじゃんけん、物心がついたころには
もう覚えていましたね。子どもから大人まで親しまれていますね。

e0162117_1331142.jpg先日、お店で「じゃんけん」をしていて、ふとロシア人のスタッフに「ロシアでもじゃんけんってあるの?」って聞いたら、あるそうなのです。
しかも日本の「グー・チョキ・パー」と全く同じで石と鋏と紙なんですって。
じゃんけんって日本特有なのだと思っていたら世界的だったので
これは面白いかもって感じて、ちょっと調べてみました。
e0162117_1332314.jpg現在使われているじゃんけんの誕生は意外に新しく、江戸時代から明治時代にかけての日本で成立したそうです。
チョキはもともと人差し指と親指を伸ばす「男チョキ」でしたが、日本国内を伝播するうちに人差し指と中指を使う「女チョキ」が生まれたそうです。
今は「女チョキ」のほうが主流ですね。
e0162117_13325343.jpg20世紀に入ると、日本の海外発展や柔道など日本武道の世界的普及、日本産のサブカルチャー(漫画、アニメ、コンピュータゲーム等々)の隆盛などに伴って急速に世界中に拡がったということです。
ところで、わたしのお店でもお正月恒例になっているイベントで 
ボトルキープのお客さまとボトル割引の「新春じゃんけん大会」をしています。
お客さまのおかげで新年を迎えられた感謝の気持ちをこめて
例えば5000円のボトルなら5回、10000円のボトルなら10回というふうに
ボトルのお値段の千円単位の数をじゃんけんしてお客さまが勝った数×1000円の
値引きサービスをご提供しています。
もともとじゃんけんの勝敗の確率は1/2なのでボトル半額の計算になるのですが
ただ単に半額フェアにするよりもじゃんけんルールにしたほうが一喜一憂、
勝つと「ヨッシャー!!!」と全身ガッツポーズの方もいらして、大盛り上がりです。
一年の初飲みを縁起の良く迎えられたお客さまには大変ご好評いただいています。
このじゃんけん大会のときにわたしの決めていることがあります。
できるだけ、お客さまに勝っていただこうとわたしは「チョキ」だけ出しています。
連続わたしがチョキしか出さないものですからお客さまの心理は
いろいろ錯綜して探りが入って面白くなるのです。 
たぶん、新春もじゃんけん大会をすると思いますが
手の内を公開してしまったのでチョキにするかどうかは秘密にしておきます(笑)。

単純な「グー・チョキ・パー」、の3種類に、
心理とか人柄とかいろいろ表面化して・・・じゃんけんって面白いですね。


e0162117_144677.jpgおかげさまで昨日のボーリング大会は、たくさんの方々にご参加いただいてとても楽しく、お店も盛況でした。
いつもこのブログをご覧になってくださっているわたしの中学時代のお友達がわざわざ黒石市からご夫婦で参加してくださいました〜。
とても嬉しくてゴキゲンなわたし。チョキではなくピースで、スマイルです!
ご参加くださいました皆さま、本当にありがとうございました。


by bull_chihoko | 2011-11-18 13:35 | ダイアリー
<< 覚醒するオーラ    山本太郎 生きるということ >>