無料のチカラ EV急速充電
e0162117_8172123.jpg
タダほど恐いものはないと言いますが、タダほど凄いチカラがあるものです。

人は無意識のうちに自分の経済力の枠の中で行動しています。
もし、花火大会やお祭りがタダでなかったら皆さまはお出かけになりますか?
もし、スーパーの駐車場がタダでなかったらそのお店を選択しますか?

一昔前、携帯電話の通話料がバカ高かった時代がありました。
今では当たり前のようにタダで何気ない会話を楽しむことができています。
国際電話は恐ろしく高すぎ、電話交換手を介してわずらわしく連絡できなかったものです。
それが、今はLINEやSkypeで自由に世界中タダで通話できています。

電気自動車での生活はわたしにたくさんの学びを与えてくれています。
今までは隣接都市と思っていた弘前市・青森市・能代市・秋田市がタダで行動できる親しみあるエリアになっています。

今年、経済産業省による「次世代自動車充電インフラ整備」の補助金制度が始まりました。
電気自動車の充電器を全国に一気に広める目的で、1年間に合計11万基の設置を目指し補助金の総額は1005億円にのぼります。
これから電気自動車を無料で充電して移動する楽しい時代が来ます。
世界中の情報がタダで閲覧できるインターネットの海に飛び込んだように、電気自動車で隣接する都市に自由にアクションできる時代がすぐそこまで来ています。
by bull_chihoko | 2013-08-25 08:17 | ECO
<< 篠山紀信展 写真力 白孔雀 >>